このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第161回

動画でインプレ!! iPhone 5s/5cは感覚を刺激するスマホだ

2013年09月12日 14時00分更新

文● iPhoneクラブ製作委員会(担当:カリーさん)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneクラブのカリーです! 9月11日にアップルから待望の新型iPhoneが発表されました! 最新の64bit「A7」プロセッサーや指紋認証を備えたハイスペックな「iPhone 5s」、ポップな5色展開の「iPhone 5c」と2種類8製品にラインアップが増えて、ますますiPhone選びが楽しくなったわけです。

プレスが多くてじっくりはレビューできなかったのですが、短時間触った感じをお届けします
カリーさん

 iPhoneクラブのメンバーの中では、ワタクシ、カリー(の中の人が)が国内での記者発表会に呼ばれてホイホイ行ってきたので、早速座談会を敢行したのですが、カリー的には写真だとなかなか魅力が伝わりにくいということを感じました。そこで追加で会場で激写してきた動画をまとめたので、その見所を語っていくわけです。ちなみに擬音が多いのは、感性でものを語る人間なので仕方ないのですよ。キリリッ。(※1)

編註:
※1:仕方なくないです

見た目はポップ! 中身はガチ!なiPhone 5c

 冒頭の数秒はiPhone 5cです。プラスチック素材とポップなデザインから「ん、ヤワそう?」という印象を受けますが、見た目とは裏腹に手に持つとがっしりしています。指で押してもあまりヘコまず、内側にスチールで補強してあるのが実感できました。重量もiPhone 5やiPhone 5sが112gなのに対して、iPhone 5cは132gとちょっと重めでもあります。

 性能的にも、いろいろなデータを処理するプロセッサーは(※2)現在のiPhone 5と同じ「A6」なので必要十分。むしろバッテリー駆動時間は、iPhone 5の8時間から10時間に伸びてます。価格は安いけど性能は妥協してない。見た目はカワイイ女子なのに実は握力100kgみたいな、そのギャップがたまらんワケです(※3)。

※2:テキトーな説明だなあ、※3:意味わかんない

性能は必要十分なので、このデザインが気に入ったならiPhone 5cに行っても問題ナシ。動画の後半、iOS 7の機能を紹介するところでもiPhone 5cがちらっと出てきます

指紋認証の「ピッ、シュワーッ」が快適なiPhone 5s

 続くシーンでは、iPhone 5sに注目。カリー的には指紋認証を大大大プッシュしたいところです。iPhoneは仕事のメールを見るので、他人から勝手に見られないようにパスコードロックをかけているという人も多いはず。

 このロックをかけた場合、今までは、ホームボタンや電源スイッチを押し、ロック解除のスライドバーをフリックして、画面の数字をたたいて4ケタ入力するという最低でも6手順がかかっていたのです。ところが指紋認証を使えば、ホームボタンや電源スイッチを押して、ホームボタンに指を置くだけという2手順で済みます。しかも、指の方向は縦だけじゃなく横にしても読み取ってくれるのがスマートなのです!

 例えば、満員電車の中で「あー、Twitterでも見たい」と思ったときに、体のバランスを撮りながら片手でパスコードを入力するのって意外と大変だったのですよ。それが! 指紋認証なら! なんとホームボタンを親指で押して、そのまま指を置くだけで解除されるわけですよ、奥さん(バンバン)。

 1秒でも早くTwitterやFacebookが見たいというネット中毒な方なら、1日に何回パスコードロックを解除するかをあらためて数えてみてください! その回数から考えると、指紋認証はiPhone 5s登場の瞬間に、もはやスマホの必須機能になったと断言してしまいます。だから自分はやっぱりiPhone 5cより、iPhone 5sの方が欲しいなあと。

ホームボタンに指をピッと乗せると……
シュワーッとホーム画面が現れマス。指も複数登録できて超便利!

 ほかにもカメラ機能でバースト(連写)やスローモーション撮影に対応しているのはiPhone 5sだけ。バースト時の「ガガガガガガッ」という音がマシンガンを撃ってる感じで気持ちいい。永久に押していたい。スローモーションも、何気ない日常を撮った動画に一瞬でスタイリッシュな演出を加えられるのが素晴らしい。「適当に撮った写真なのに、Instagramでフィルターをかけるとオシャレに見える不思議!」みたいなのが、動画でできちゃいます。

 スペック的に見ても「(他社のスマホに)やられたらやり返す。倍返しだ!」とばかりに、処理性能がA6の2倍という「A7」を投入。モーションデータ専用の「M7」プロセッサーも搭載していて、見るべきところが多いです。3DプリンターやenchantMoon、Oculus Riftを即買いしたような”ガジェット好き“なら、当然iPhone 5sを選ぶでしょ! ということで。

後半は日本語版iOS 7の新機能をまとめているので、じっくり動画をチェックして発売日までワクワクテカテカして待つべし!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中