このページの本文へ

徹底特集 「iPhone 5s」&「iOS 7」を全力チェック! ― 第4回

アップル「iPhone 5s」の発売は9月20日!

2013年09月11日 04時38分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、「iPhone 5s」を発表した。カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ゴールド。価格(米国)は、16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル、64GBが399ドル。発売は9月20日。

スペースグレイゴールドシルバー

 iPhone 5sは、CPUとして、A6チップに比べ最大2倍高速という64ビットCPU「A7」を採用。64bit版iOS 7を搭載するほか、内蔵アプリもA7に最適化されている。また、「M7」コプロセッサーを搭載し、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスなどのモーションデータを測るタスクの処理を行なう。iPhoneが動いていない場合は、ネットワーク接続チェックの頻度をM7が減らし、バッテリーを節約するなどが可能としている。

 指紋認証機能として、「Touch IDセンサー」をホームボタンに搭載。縦/横/ななめなど、360度どんな角度で指を置いてもロック解除できる。iTunes Store、App Store、iBooks Storeでコンテンツを購入する際も指紋で認証でき、パスワードを入力する必要はない。

指紋認証機能は、「Touch IDセンサー」としてホームボタンに搭載

 カメラ関連では、8メガピクセルのiShightカメラ(背面カメラ)のセンサーエリアが15%大きくなり、開口部がf/2.2となった。またこれにより、集光率が33%向上した。バーストモードでは1秒間に10回の連続撮影が可能。白色LEDとアンバー色のLEDの組み合わせによる「True Toneフラッシュ」機能を搭載。1000以上の組み合わせから被写体に最も合うフラッシュ強度と色温度を選択する。自動手ぶれ補正機能、120fps(720p)のスロー撮影もサポートしている。

 このほか、最大解像度1136×640ドット(326ppi)の4インチRetinaディスプレーを採用。OpenGL ES 3.0、Bluetooth 4.0、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)をサポート。連続通話時間は最大10時間(3G)、連続待ち受け時間250時間、10時間のウェブブラウジング(4G LTE)、最大10時間のビデオ再生、最大40時間の音楽再生が可能。

 サイズは、高さ123.8×幅58.6×厚さ7.6mm。重量は112g。



カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中