このページの本文へ

新iPhoneのカラバリにマッチ? ソニーの布素材ポータブルスピーカー

2013年09月10日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

ブラック、ホワイト、ピンク、レッド、ブルーのカラバリを揃える「SRS-BTS50」
ブラック、ホワイト、ピンク、レッド、ブルーのカラバリを揃える「SRS-BTS50」。うわさに聞く廉価版iPhoneのカラバリが本当なら、いくつかのカラーがマッチしそう……

 ソニーから、外装に布地素材を採用したポータブルスピーカー「SRS-BTS50」と、スマートフォンやiPhone、iPodなどの充電が可能な目覚まし機能付きワイヤレススピーカー「SRS-CS20BT」が発表された。10月19日発売予定で、SRS-BTS50の予想実売価格は1万5000円前後、SRS-CS20BTは1万円前後だ。

 SRS-BTS50は、撥水性のあるファブリック素材を採用することで、IPX2相当の防滴に対応。屋外などでも安心して使用できる。

 ペットボトルサイズの本体には2.5W+2.5Wのスピーカーとパッシブラジエータを内蔵。さらに加速度センサーも内蔵しており、スピーカー面を上に向けるとサラウンドモードに切り替わる。周辺にいる複数の人たちが臨場感のある音場を楽しめる。

本体上部のボタン部分は防滴仕様となっている。NFC読み取り部もある
側面にはひもを通せる金具があり、リュックなどにぶら下げて持ち歩くことができる 反対側の側面には音声入力などを搭載
側面にはひもを通せる金具があり、リュックなどにぶら下げて持ち歩くことができる反対側の側面には音声入力などを搭載

 本機はBluetooth接続で、最大10時間の連続再生が可能。NFCにも対応しており、対応スマホをタッチするだけでペアリング処理が完了する。

 本体にはラインインとラインアウトが備わっており、外部音源をこのスピーカーで再生するだけでなく、このスピーカーで再生している音を別のスピーカーから出力することもできる。

目覚まし機能搭載の「SRS-CS20BT」
本体背面にUSB端子を装備。iPhoneなどを接続すれば、充電と音楽再生が行なえる 本体背面にUSB端子を装備。iPhoneなどを接続すれば、充電と音楽再生が行なえる

 SRS-CS20BTもBluetoothスピーカーだが、据え置き型でAM/FMラジオや時刻表示用の大きなディスプレーを搭載するのが特徴。

 背面のUSB端子にスマホやiPhoneなどを接続することで充電を行なえ、iOSデバイスならばUSB経由で音楽再生も可能だ。

 スピーカー出力は2W+2W。SRS-BTS50と同じくNFC対応となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ