このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

まもなく発表!? 新iPhoneの注目ポイントをおさらいする

2013年09月08日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 まもなくとウワサされている新iPhoneの発表。実際に公開されるまで真実は当然わからないのだが、新iPhoneで注目すべきポイントについては、8月に掲載した「アスキースマホ総研」に詳しく取り上げた。本記事ではそのおさらいをしていこう。

新iPhoneについての予想やまとめは、上記リンクのアスキースマホ総研で詳しくしている。本記事はそのおさらいだ

 さて、上述の記事で次期iPhoneの予想&妄想のポイントとしてピックアップしたのは以下のとおりだ。

次期iPhoneはどうなる?
予想&妄想のポイント

●デザインや本体サイズはどうなる?
 iPhone 5と同じ? それとも全然違う?
 大画面iPhoneなんて有り得るの?
 画面解像度が変わるってことはある?

●ハード的な新機能はどういうものが追加される?
 NFCや指紋センサーなどは入る?

●廉価版iPhoneって本当に出るのかな?
 出たらやっぱりうれしい?

●カラバリの可能性は?
 いろいろな色のiPhoneがあってもいい!

●周波数の対応などはどう変わる?
 どういうメリットがある? ドコモから出る可能性は?

ドコモからiPhoneは本当に出る?
ネットワークの争いは?

 リストでは一番下になっているが、ここに来て一番の注目はドコモからのiPhoneリリースの可能性だろう。

 NHKを含む、大手メディア各社が「ドコモからiPhone発売」というニュースを6日朝に一斉に報道した。これに対してドコモは、「当社が発表したものではない」というリリースを出している。

さて、ドコモから本当にiPhoneは出るのだろうか?

 実際に発売されるかどうかは、もちろん発表当日を待つ必要があるが、ドコモから登場となれば、当然大きな話題となりそうだ。

 また、3キャリアから端末がリリースされるとなると、どれを選べばいいかも気になるところ。iPhoneのハード自体はおそらく大きな違いはないため、比較ポイントは対応ネットワークと料金が中心となる。

自信ありのau 沈黙のソフトバンク
ドコモはネットワークとキャリアメールがどうなる?

 ネットワークの話題では、KDDIが9月2日にLTEネットワークの戦略について記者会見を実施している。あらためて、(iPhone 5では利用できない)同社の800MHz帯を用いたLTEネットワークの強味について語られた。

 800MHz帯では、実人口カバー率は2013年度内に99%まで広げる予定で現状の3G並になるとする。さらにKDDI田中社長は、もし新iPhoneが同社の800MHz帯に対応すればという前提で、「KDDIのネットワークはダントツになるのではないか」と自信を見せている。

auは、iPhone 5では利用できない800MHz帯で3G並のカバー率を実現するとしている。新iPhoneでは利用できる? また、2.1GHz帯の高速化も進める

 ソフトバンクについては、ここしばらくの沈黙が気になるところだが、新iPhoneがTD-LTEに対応するかが1つのポイントとなる。TD-LTE互換の「SoftBank 4G」は下り最大76または110Mbpsで(端末によって異なる)、市街地を中心に確実にエリアを広げており、実測での速度もまずまず。auとの速度比較が気になるところだ。

 一方のドコモだが、今秋に登場するとしても、同社がメインで展開している2.1GHz帯のLTEが市街地では混雑気味なので、速度面では厳しい部分もあるかも。ただし、ドコモは世界共通バンドと言える1.8GHz帯を用いて、今秋以降に東名阪でエリア展開を進めていく予定(関連記事)を持っている。このネットワーク整備次第の部分もあるかも。

1.8GHz帯でのXiの提供開始はiPhoneをにらんでのものだった?

 ちなみに、7月にアスキースマホ総研がAndroidスマートフォンで通信速度をテストした記事は、実質的にドコモのXi、auの800MHz帯のLTE、ソフトバンクのTD-LTE(AXGP、SoftBank 4G)のネットワークを比較しており、新iPhoneの行方を占う内容だが、そのときはauの勝利となっている。

 なお、料金についてだが、例年は予約受付開始のタイミングで、各社一斉に発表されている。また、ドコモのキャリアメールの扱いも必要な人にはとっては気になるところだろう(それからSIMロック解除が可能かどうかも!)。ASCII.jpでは情報が入り次第、順次速報予定だ。

各社が提供しているLTEの周波数と
端末の対応状況

  ドコモ※1 au ソフトバンク 次期iPhone
Android Android iPhone 5 Android iPhone 5
FD-LTE 2.1GHz
(バンド1)
○※2 × ○?
1.8GHz
(バンド3)
今秋
開始予定
× ○※3 ○?
1.5GHz
(バンド11)
×
1.5GHz
(バンド21)
○(東名阪以外)
800Hz
(バンド18)
×
800Hz
(バンド19)
TD-LTE 2.5GHz
(UQが2013年10月に
サービス開始予定)
○※4 ×

「○」は利用できる周波数。「×」はキャリアでは提供されているが、端末側が対応していない周波数。「―」はそもそもそのキャリアでは提供されていない周波数。
※1:ドコモのXiスマホは発売時期によって対応周波数が異なる。
※2:2013年夏モデルから2.1GHzに対応。
※3:イー・モバイルのネットワークを利用。
※4:WCPのネットワークを利用。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中