このページの本文へ

ナビにGoogle Earthの画像やGoogle ストリートビューを表示できる

アウディ、新型「A3 Sportback」で国内販売車初のWi-Fi搭載

2013年09月04日 20時04分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットワークサービス「Audi connect」を搭載する新型Audi A3 Sportback

 アウディ ジャパンは、9月17日より順次発売予定の新型「Audi A3 Sportback」に、走行中のインターネット接続を可能とするネットワークサービス「Audi connect」(アウディ コネクト)を搭載すると発表した。

 Audi connectはMMIナビゲーションシステムの拡張機能として装着されるもので、専用モジュール(3G)により走行中の車内でのインターネット通信が可能となる。ニュース、天気予報、駐車場検索にくわえ、近隣空港を検索し便名や定刻などを表示できるほか、Google Earthの画像やGoogle ストリートビューをナビゲーションシステムに表示することも可能だという。

 また、日本で販売する自動車では初だという車内用無線LAN環境(Wi-Fi)を用意。最大8台まで接続が可能で、同乗者もネットサーフィンやメールなどインターネットを楽しめるという。

 新型Audi A3 Sportbackは全4種をラインアップする。価格は308万円から554万円。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART