このページの本文へ

Ivy Bredge-EのExtreme Edition新製品がついに登場!

インテル、一般向け最上位CPU「Core i7-4960X」

2013年09月04日 18時03分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米インテルは現地時間の9月3日、一般向けプロセッサーの最上位モデル「Core i7-4960X Processor Extreme Edition」を発表した。

 高画質なゲームプレーやコンテンツ作成といった負荷の高い作業向けで末尾に「X」の付くExtreme Editionの新製品。型番は4000番台だが、アーキテクチャーはIvy Bridge-E。最新のHaswellではなく、2012年登場のIvy Bredgeベースとなる。なお、前モデルCore i7-3960XはSandy Bridgeアーキテクチャーだった。

 クロック周波数は定格3.6GHz/最大4.0GHz。プロセスルールは22nm、コア数は6でスレッド数は12だ。また、DDR3-1866規格のRAMに新対応している。価格は990ドル。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン