このページの本文へ

ビーンズを使ったバーガーもあるでよ

やだ、キノコが大きい……フレッシュネスから強烈バーガー登場

2013年08月28日 15時12分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ベジタブルバーガー(マッシュルーム)」。どう見てもキノコです、本当にありがとうございました

 ハンバーガーが大好きなアスキー・ジャンク部は、その名の通りジャンキーなものが大好き。デカいパンズで、デカい肉を豪快に挟んであるような、男らしいバーガーがとにかく大好物なのである。

 そんな彼らの耳に飛び込んできたのは、「フレッシュネスバーガー」を展開するフレッシュネスが、ヘルシー志向の新商品を発売するというニュースだ。「えー、ヘルシー? ヘルシーが許されるのは小学生までだよねー」なんてヘラヘラしながらリリースを見た部員たちだったが、予想もしなかった製品写真に絶句することとなる。

 そのバーガーこそ、「ベジタブルバーガー(マッシュルーム)」「ベジタブルバーガー(ビーンズ)」だ。なんといっても、冒頭の画像を見ればわかるように、マッシュルームの外見が強烈である。誰もが思うことだろうが、キノコがデカすぎる。

 このインパクト大な「ベジタブルバーガー(マッシュルーム)」は、2010年に販売し、好評だったバーガーのリニューアル版。大量生産が難しい国産のジャンボマッシュルームを使用しているため、1日数量限定で提供される(マッシュルームがなくなり次第終了)。トッピングにフレッシュネス特製バルサミコソースと卵不使用の植物性マヨネーズを使用し、マイルドな口当たりに仕上げてあるとのこと。

「ベジタブルバーガー(ビーンズ)」は、一見すると肉々しい見た目ですが、実は豆のパティ。ヘルシー志向な人も安心

 もう一方の「ベジタブルバーガー(ビーンズ)」は、3種類の豆を特別にブレンドして作った、植物性のビーンズパティを使用。つなぎには食物繊維を豊富に含んだオートミールを使い、野菜、カポナータ(グリル野菜のトマト煮)、卵不使用の植物性マヨネーズとともに、北海道産のかぼちゃを練りこんだパンプキンバンズでサンドした、とってもヘルシーなバーガーだ。

 発売は9月10日で、単品価格はどちらも480円。ヘルシー志向とはいいながらも見た目はそこらの大型バーガーのはるか上をいくベジタブルバーガー、今から発売が待ちきれない。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART