このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第156回

iPhoneアプリのダウンロードは一時停止できる

2013年08月27日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 iPhoneのいいところは、豊富なアプリはもちろん、それらを購入するのも簡単なところだ。「App Store」からアプリを選び、ダウンロードするだけでいい。

 また、ときには機能追加、あるいはバグの改善などで、最新版にバージョンアップする必要もある。そのような場合も、App Storeからダウンロードと同じ手順でアップデートをするだけだ。

 さて、アプリのダウンロード、あるいはアップデートを行うと、ホーム画面にアプリアイコン、さらにその中にプログレスバーが現れ、ダウンロードしていることを知らせてくれる。実はこのダウンロードを一時停止することができる。

App Storeから、アプリをダウンロード(あるいはアップデート)すると……ホーム画面にアイコンが現れ、ダウンロード中だということを知らせる。これを一時停止するには?

 やり方は簡単で、ダウンロード、もしくはアップデート中のアプリアイコンをタップするだけでいい。これで、ダウンロード(アップデート)を一時停止できる。

ダウンロード、もしくはアップデート中のアプリアイコンをタップすると一時停止。再開したい場合はもう1度タップだ

 たとえば、複数のアプリをダウンロードしているときに、たとえば他のアプリを何よりもまず優先的にダウンロードしたい、ダウンロード前にこの動画だけは見ておきたい……など、ネットワーク通信を優先させるときに使うといいだろう。


このテクを使っている覆面:じまPさん

 今回のテクニックは、言われないとなかなかこの方法に気づかない……というものの代表格。アイコンをタップするだけでいいのですが、知らない人は意外に多いようです。あまり使う場面が多いというわけではありませんが、もしものときに覚えておくと、役立つシーンがあるかもしれませんよ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中