このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

高性能GPU内蔵だからゲームも快適

Richland「A10-6800K」の高いグラフィックス性能は小型ゲームPCの自作に最適!

2013年08月20日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)、ASCII.jp編集部 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AMDのA10-6800Kをチョイスし、ゲーム向け小型PCを自作しよう

 開発コードネーム“Richland”こと、新世代APU「AMD Elite A」シリーズのデスクトップ向け最新モデルが6月から販売されている。AMDのAPUとは、CPUとGPUの機能を集積した統合プロセッサーで、低コストでありながら、4GHzを超す高いクロックと高性能なグラフィックスを実現している。

 最上位の「A10-6800K」はRadeon HD 8670D相当のGPUを内蔵。内蔵グラフィックスといっても、低価格なビデオカードは軽く退けるぐらい高い性能を持つ点は大きな魅力だ。高速メモリーと組み合わせることで比較的高負荷の3Dゲームをシンプルな構成で楽しめるのだ。

コスパ最強で、サイズもコンパクトなゲーミングPCが作りたい!

 最近のPCゲーム事情を見てみよう。真っ先に浮かぶものは3Dグラフィックスが美麗なFPSやRPGのタイトル群。もちろん、グラフィックス性能に加えて、CPUやメモリーも重要になってくるタイトルがひしめく。

 次にオンラインゲーム。千差万別だがDX9世代のGPUを要求するタイトルが大半を占め、ものによってはGPUよりもCPUを酷使するといったタイトルもある。

 共通していえることとしては、長時間プレイが基本でもあるため、電源の安定性や省電力性も重要になること。日に12時間、延々と高負荷に耐えてくれる環境が必要である。

 最後にブラウザーゲーム。これは見た目のイメージとしては動作が軽い印象だが、Flashを多用するタイトルの場合は、その逆でCPU性能への要求が高く、ネットブックに採用された初代Atomでは厳しいものも散見されている。

 この傾向はブラウザーゲームだけでなく、やたらと動くウェブサイトでも感じたことがあるという人もいるのではないだろうか。ニチアサアニメ劇場版サイトは、その良い例であり、地味にベンチマークにもなり得るのだ。

 いずれにしてもゲームを楽しむためには(場合によってはネット中心でも)、高い性能を持つ最新のCPUと、高性能なGPUが必要だ。

 しかし小型ケースを選んで自作するという場合、まず犠牲になるのがビデオカードだ。高性能になるほど、大きく、そして長くなるし、消費電力もステキに高い。小型ケースの場合、ATX電源ではなく、SFX電源やACアダプターであることが多く、小型ケース内のスペースの問題もあり、自然と上限が決まってしまう。とすると、その点を解消できるプラットフォームが浮かびあがってくる。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中