このページの本文へ

バーチャル旅行におもしろグッズ、この夏のデジタルトレンド ― 第3回

性能も質感も高い、長く愛用できそうなケースでiPhone 5を守ろう!

革、カーボン、金属、黒檀…素材にこだわったiPhoneケース5選

2013年08月14日 11時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アクセサリーやケースを選ぶのもiPhoneユーザーの楽しみの1つ。気分に応じて付け替えるのもいいし、中には「何も付けないのが一番!」という意見もあるかと思うが、1つのケースを長く愛用し、共に時間を重ねていくという楽しみ方はどうだろう。今回は、経年の変化を楽しみながら長く愛用できそうなiPhone 5ケースを5つ集めてみた。「付け替えたい派」や「裸派」の人も参考にして欲しい。

タンニンなめしの上質レザーを使用!

JETSETTER KURENAI iPhone 5 case
価格 5880円




 質感のいいシボの入った牛革と、伸縮性のゴムを組み合わせた、シンプルながら遊び心も感じられるケース。ゴムはサイドゴアブーツにも使用される頑丈なもの。革の変化と共に長く愛用できそうなケースだ。

 レッド、ブラック、キャメル(スエード仕上げ)、ネイビー、オリーブグリーン、マロンブラウン、アッシュグレーと、全7色の豊富なカラー展開も魅力。

ゴールドの型押しがポイントキャメルはスエード仕上げ
経年変化も楽しめそうだ鮮やかかつ深い色味のネイビー

アルミ削り出しの頑丈なバンパー!

Solid bumper for iPhone 5
価格 8920円





 アルミ削り出しのスマホケースといえば外せないのがGUILD designのケース。「落としても全く問題なさそう」と思わせる重厚感と、アルミの質感がいい。バンパータイプなので、デザインをそこなわずにiPhoneを強力に保護してくれる。14gという軽量設計にすることで、使い勝手にも配慮した。

 シルバー、チタン、シャンパンゴールド、ブラック、レッド、ポリッシュ、ブルー、ライトブルー、ピンク、グレーの10色に加え、オレンジ、ゴールド、グリーンなどのオーダーカラーも用意。好みの色を選びたい。

豊富なカラーも魅力端子へのアクセス性も考慮
シャープで美しい仕上げだスクリューネジでしっかり固定
■Amazon.co.jpで購入

イタリアンカーフとスタンド機能!

Leather Arc Cover L54
価格 6280円





 イタリア製カーフレザー(牛革)を使ったカバータイプのケース。なんといっても美しい革の質感に目がいくが、機能性も抜群。カバー部分は無段階調整可能なスタンドになり、カバーの裏にはカードや領収書も収納出来る。カラーはレッド、ブラック、ブルーの3色。どの色も綺麗で迷ってしまいそう?

 同ブランドのスリーブタイプiPhoneケース「Nano Stand Pouch V36」や、iPad mini用ケース「Leather Arc Cover L09」もおすすめだ!

なめらかで上質な皮革を採用スタンドにもなるのだ!
筆者のイチオシはレッドカード収納も可能
■Amazon.co.jpで購入

個性的なデザインに秘めた高耐久性!

Crater iPhone 5 Case
価格 8980円






 有機的な編み目状の模様が印象的な製品。カーボンファイバーを採用しているので、デザインが面白いだけでなく、高い耐久性もそなえている。複雑な編み目の隙間から林檎マークがしっかりと見えているのもナイス! 個性を出しつつiPhoneを保護したい人におすすめだ。

 ブラックとシルバーのプラスチックプレートが付属するので、好みや本体カラーに合わせて装着したり、気分によって付け替えて楽しみたい。

有機的な編み目状が特徴ツヤのある質感だ
ブラックとシルバーのプレートが付属カーボンファイバーなので耐久性は抜群
■Amazon.co.jpで購入

木工所が手がける黒檀製ケース!

iPhone 5 木製ケース 550R【縞黒檀】
価格 2万7300円




 創業70年の木工所「松葉製作所」が黒檀のブロックから削り出して作ったケース。なめらかで、木目を活かした温もりのある表情が特徴だ。再薄部2mmという木工所ならではの細やかな造りと、経年による艶が楽しめそうな逸品。

 黒檀以外にも深い赤茶が印象深い「花梨杢(1万7300円)」や独特の模様が綺麗な「楓瘤(1万4200円)」、落ち着いた色味の「ウォールナット(1万500円)」など、様々な木材から好みに合ったものを注文できる。なお本製品は受注生産で、製作期間は3週間程度とのこと。

ツヤのある黒檀の質感が美しいアクセス性もばっちりだ
細やかな仕上げは木工所ならではカメラ穴も非常に丁寧な造り

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中