このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第51回

コンパクトが魅力の夏スマホのカメラ機能を比較する

2013年08月05日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「AQUOS PHONE si」「Optimus it」「DIGNO R」という夏モデルのコンパクトスマホ3機種を比較しているスマホ定点観測。今回はカメラを比較していく。コンパクトモデルと侮るなかれ、スペック比較の前々回(関連記事)、スピード比較の前回(関連記事)と他のスマホと比べても引けをとらない良い成績を残している。カメラチェックでも好成績を期待したいが果たしてどうなる?

ドコモ「AQUOS PHONE si SH-07E」ドコモ「Optimus it L-05E」ソフトバンク「DIGNO R 202K」

カメラの主なスペック・機能は?

 これまでの比較ではスペック比較でAQUOS PHONE si、スピードチェックでOptimus itがリードしている。DIGNO RもデュアルコアCPUを搭載するなど、やや見劣りするスペックを考えると健闘している。

 ではカメラのスペックはどうだろうか? 3機種の主なカメラのスペックなどをまとめたのが以下の表だ。

  AQUOS PHONE si Optimus it DIGNOR R
カメラ画素数 1310万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
810万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 120万画素CMOS
(裏面照射型)
140万画素CMOS
(裏面照射型)
32万画素CMOS
動画撮影サイズ フルHD フルHD フルHD
動画撮影中に静止画保存 ×
高速起動
高速撮影 ×
手ブレ補正
顔認識
シーン設定数 16 6 7
連写機能

 3機種とも裏面照射型CMOSセンサー搭載だが、DIGNO Rは画素数が低め。もっとも肝心なのは実際の写真だ。3機種ともフルHD動画の撮影が可能で、手ブレ補正や顔認識といった基本的な機能1は抑えている。

 ただしここでもDIGNO Rが動画と静止画の同時撮影が不可。対応機能では高スペックな機種に一歩及ばない。また「高速撮影」でも×がついた。DIGNO Rはどうしてもスペック面でいまひとつ。しかし実際に使ってみてはどうだろうか? 詳しく見ていこう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART