このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第152回

メールアプリですぐ下書き一覧にアクセスするには?

2013年08月05日 14時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

メールアプリを使っていると、結構下書きも溜まってくるもの。すばやくアクセスする方法はないものか

 iPhoneの「メール」アプリは、書きかけのメール、すなわち下書きを保存することができる。いずれ送ろうとしているメールを書き溜めている人も少なくないのではないだろうか。中には、iPhoneクラブのメンバーのように、仕事先に原稿が遅れる旨をメールにしたためたものの、送信する勇気がなくとりあえず下書きに……というケースもある(編註:報告はお早めにお願いします!)。

 さて皆さんは、この下書き一覧にアクセスするときにどのような手順を踏んでいるだろうか。まずメールアプリを開き、アカウントからアドレスを選んで、「下書き」をタップする……。確かにこれでもいいが、実はもっと素早くアクセスする方法がある。

メールアプリを開き、アカウントからアドレスを選んで、「下書き」をタップするのが一般的なやり方のはず。これよりも速くアクセスするには?

 メールの下書き一覧にアクセスする方法はとっても簡単だ。画面右下にある、新規メール作成のアイコンを長押しするだけ。これだけで、下書きの一覧が見られる画面を開けるのだ。ちなみに、ここから「新規メッセージ」をタップすることで、新規にメールを書くこともできる。

画面右下にある、新規メール作成のアイコンを長押しするだけ。これで、下書き一覧を見ることができる。「新規メッセージ」をタップすれば、一からメールを書くことも可能

 知っていればあまりにもシンプルなワザなのだが、「メール作成のアイコンを長押しする」というのは、言われないとなかなか気づかないかもしれない。下書きをよく使う人なら、覚えておいて損はないぞ。


このテクを使っている覆面:カリーさん

 今回も小ワザだが、フリーライターの自分のように、やたらとiPhoneでメールをやり取りする人は覚えておきたい。こういう些細なテクニックこそが、作業のストレスを軽減させ、原稿をスムーズに書き上げる手段になるのだ。それでも、原稿が遅れるときは遅れるんですが……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中