このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第23回

裏技あり! iPhoneの標準搭載ブラウザー「Safari」を徹底解説

2013年07月31日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回はiPhoneの標準ブラウザー「Safari」を徹底解説。キーワード検索をしてウェブページを表示するだけなら、誰でもできると思うので、あまり知られていないテクニックも絡めて紹介する。

Safariの使い方をマスターして、さらに快適にブラウジングしよう

Safariの基本をおさらい

 まずは基本のキーワード検索から、ウェブ閲覧の操作をおさらいしてみよう。右上の検索フォームをタップすると入力モードになるので、キーワードを入れる。画面下には過去に検索したキーワード履歴が表示されるので、候補がある場合はタップすればいい。この履歴を消す場合は、Safariの設定から消去する。

Safariの起動画面。画面右上の検索フォームをタップするキーワードを入力する。候補が表示されるので選んでもいい
検索結果が開く。リンクをタップすると表示できるウェブページを表示できた

 長いウェブページの中から、特定のキーワードを探すなら、検索機能を使った方が速い。ウェブ検索と同様に、右上の検索フォームをタップして、キーワードを入力。検索結果の一番下をタップしてページ内検索をしよう。

文字量が多すぎて、目当ての情報を見つけにくいときはページ内検索を行なうキーワードを入力し、一番下の「このページ」の結果をタップする
検索された場所に移動し、ハイライト表示になる。下の矢印をタップすれば前後の検索結果を表示できる

 最近はスマホでアクセスすると自動的にスマホ用に最適化されたレイアウトで表示してくれるウェブサイトが増えてきた。とはいえ、まだPC用のデザインで表示されることも多い。そんな時は拡大して閲覧する。ピンチアウト・イン操作で拡大縮小が行なえるが、オススメはダブルタップ。読みたい部分をダブルタップすると、その幅に合わせて自動で拡大してくれるのだ。もう一度ダブルタップすると、元に戻る。

中央の本文をダブルタップする横幅いっぱいに本文部分のレイアウトが表示される
ピンチアウト操作で一番大きくしたところ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART