このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

出張・旅行・上京……ホテル宿泊時の新定番ガジェット

世界最小・最軽量12.7g!の無線LANルーター「WRH-150」

2013年08月05日 11時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
世界最小・最軽量12.7gの無線LANルーター、エレコム「WRH-150」をホテルで使ってみた。これ1台でホテル宿泊時のネット環境がリッチになるぞ!

今夏のコミケ上京や出張に必携
鉄板モバイル無線LANルーター発見!

 いよいよ夏真っ盛り! お盆の帰省や旅行を計画している人はもちろんだが、休みに関係なく出張の予定がある読者も多いだろう。そんなとき困るのが宿泊先のネット事情だ。今どきネットが使えない宿泊施設というものはほとんどないかもしれないが、いまだに「有線LAN端子が1つのみ」ということもある。

 無線LANルーター自体は低価格化しているので、これが実家なら新規に購入・設置してもいいだろうが、ほんの数泊しかしないホテルではそうもいかないだろう。そして何より、ルーターを現地で買ったとしてもその後に荷物がかさばるのも御免被りたいところ。

 そこで選択肢に挙がるのが「モバイル無線LANルーター」だ。性能的に贅沢は言わない。ワンルームをカバーしつつ、ノートPCとスマホ、あとは携帯ゲーム機あたりを同時接続できれば文句はない。その代わり、できるだけ小さくて軽いものが欲しい! そんな読者に断然オススメするのが、エレコムの「WRH-150」だ!

WRH-150BK(ブラック)WRH-150WH(ホワイト)
WRH-150には給電用のUSBケーブルが付属している

 WRH-150は、IEEE 802.11b/g/nに対応し、通信速度150Mbps(理論値)を実現する無線LANルーターとしては世界最小・最軽量(2013年3月21日時点)の製品だという。

 しかも、USBケーブルでノートPCとつなげばそのままUSB有線LANアダプターとしても使える。“ホテル用ルータ”と銘打たれているだけあって、まさにホテル宿泊時の新定番アイテムといえる。

サイズは約幅59.5×奥行き23.4×高さ14mm、質量約12.7gというコンパクトさ。カバンに入れておいてウッカリ忘れてしまいそうなレベルだ接続時・通信時に点灯・点滅するインジケーターは控えめな青色LED。照明が抑えめなホテルの部屋でまぶしくならないのがGood
側面のLANコネクタ。ここにホテルなどの有線LANケーブルを接続する反対側の側面にはミニUSBコネクタが。付属のUSBケーブルでノートPCと接続すると、給電と同時に有線LAN通信も可能

前へ 1 2 3 次へ

エレコム公式FBページ

プレスリリース