このページの本文へ

Abee「AS Enclosure S6G」

Micro ATX並みに奥行きを短くしたアビー製のATXケース

2013年07月26日 23時41分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Micro ATX並みに奥行きを短くしたATXケース「AS Enclosure S6G」がアビーから発売された。ラインナップはシャイニーブルー「ASE-S6G-BLK」とシャイニーレッド「ASE-S6G-REK」の2モデル。

MicroATX並みに奥行きを短くしたのが特徴のATXケース「AS Enclosure S6G」

 この製品は「必要設置面積の最小化」をコンセプトにサイズを219(W)×349(D)×424(H)mmとしたATXケース。奥行きは349mmと省スペースでデスク上に置いてもストレスを感じさせない作りとなっている。
 ベイ数は、5インチ×2、3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2を装備。冷却ファンはフロント120mm×2、リア120mm×1のNANO TEK FAN(約1000rpm)を搭載し、フロント底面から吸気する仕組みだ。なお、サイドパネルには高性能遮音シートも装着済みだ。
 価格はソフマップ秋葉原本店リユース総合館で3万4800円、ツクモパソコン本店で3万4980円となっている。

奥行きは349mmと省スペースでデスク上に置いてもストレスを感じさせない作りとなっている
アルミ合金パネルとスチールシャシーの組み合わせを採用し、重量は約6.2kg。フロントI/OはUSB 3.0×2、オーディオ入出力を備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中