このページの本文へ

無断でSuicaデータを社外提供、JR東日本が説明

2013年07月26日 15時59分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ICカード乗車券「Suica」に関するデータを利用者に無断で社外へ販売していた問題をめぐり、顧客から批判を受けたJR東日本は、25日提供する情報の詳細を公開した。

 日立製作所が6月27日に、JR東日本からSuicaに関するデータの提供を受けて、駅エリアマーケティング資料を作成・販売すると発表したことに対し、事前に利用者への十分な説明がなかったことから、JR東日本へ問い合わせやクレームが殺到。
JR東日本は「お客さまには大変なご心配をおかけいたしました」と謝罪するとともに、希望者はデータ提供から除外できるようにすると発表した。

 JR東日本によると、日立に提供するデータは、「Suica での乗降駅」、「利用日時」、「鉄道利用額」、「生年月」、「性別」および「SuicaID 番号」をほかの形式に変換した識別番号。氏名や連絡先など個人が特定できる情報は含まれないとし、同社では「提供先でほかのデータと紐付けるなど、目的以外の利用ができないよう契約で厳格に禁止している」と強調している

 データ提供の除外の要望については、26日よりメールもしくは電話にて受け付けるとのこと。9月25日までに要望があった場合は、すでに提供された過去のデータについても除外したものに差し替えるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ