このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ハイパフォーマンス構成で購入して長く使い続けたい人にぴったり

メンテナンス性も抜群のプロユースデスクトップ「Endeavor Pro5500」

2013年07月25日 08時00分更新

文● エースラッシュ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンダイレクトのEndeavorシリーズのハイエンドモデルに、第4世代Intel Core iシリーズのプロセッサを搭載した新マシン「Endeavor Pro5500」が登場した。がっしりとしたケースは拡張性も抜群。ハイパフォーマンス構成で購入して長く使い続けたい人にぴったりなマシンを試用した。

「Endeavor Pro5500」

 多彩なBTOメニューでさまざまな用途に合わせた構成が選択できるが、今回は1000W電源を搭載したモデル「Pro5500-H」の中で、ゲームユーザーなど高速処理を求めるユーザー向けの構成にされたマシンを試用している。

主なスペック
モデル 650W電源モデル 1000W電源モデル
CPU Core i5-4430(3.00GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics 4600(CPU内蔵)
メモリー 4GB DDR3 PC3-12800
ストレージ 500GB HDD
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×6、
HDMI端子×1、DVI-D端子×1、RGB端子×1、
マイク入力端子×2、ヘッドフォン出力端子×1、ライン出力端子×1、
ライン入力端子×1
光学式ドライブ DVD-ROMドライブ
寸法 約幅217×奥行500×高さ471mm
価格 13万2300円 14万4900円
OS Windows 8 64bit
エプソンダイレクト株式会社


 

(次ページ、「ハンドルつきで動かしやすいがっちりケース」に続く)


 

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン