このページの本文へ

強制的にセーフサーチをONにする「セーフサーチロック機能」も追加

アンチウイルスと連携するInterSafe WebFilter新版

2013年07月18日 12時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アルプス システム インテグレーション(以下、ALSI)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の新版を、2013年7月19日よ り発売開始することを発表した。

 今回発表されたInterSafe WebFilter Ver. 8.5では、アンチウイルス製品と連携機能を標準搭載した。Webアクセスによるウイルス対策を強化するとともに、検知ログの一元管理を実現し、入口対策を強化した。

アンチウイルス製品と連携

 また、Google、Yahoo、Bingの「セーフサーチ」機能と連動し、強制的にセーフサーチをONにする「セーフサーチロック機能」を追加した。これにより、業務時間中や授業中、検索結果に不適切なコンテンツが表示されるのを防ぐ。

セーフサーチ機能

 管理画面で日本語か英語を選択することができようになり、グローバルな運用をサポートするという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ