このページの本文へ

ソフトバンク+イーモバ、ダブルLTEのサービスは月3880円

2013年07月17日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、AXGP方式で下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」網と、イー・モバイルの1.7GHz帯のLTE網(下り最大75Mbps)がダブルで使える新データ通信サービス「EMOBILE 4G」を発表した。7月19日から予約受付を開始する。

 EMOBILE 4G対応ルーターは、5月に発表されている「Pocket WiFi(GL09P)」(8月上旬以降発売予定、ZTE製)。TD-LTE互換のAXGP方式(2.5GHz帯)に加え、FD-LTE(1.7GHz帯)、3GではW-CDMA(1.5GHz/1.7GHz帯)に対応する。最大通信速度はAXGP方式による下り最大110Mbps。

 また、5000mAhという大容量バッテリーを搭載し、連続通信時間が約14時間。さらに他機種へのUSB給電も可能だ。

 「EMOBILE 4G」向けの新料金プランでメインとなるのが、2年契約を前提とした「4Gデータプラン(にねん)」+「ずっとおトク割」の組み合わせで、月3880円。端末代は4万800円(1700円×24回)だが、上記プラン加入時に1700円×24ヵ月の割引が発生するため、実質0円となる。

 なお、「4Gデータプラン(にねん)」は、月間通信量が7GBを越えた際は通信速度が上下128kbpsに制限され、速度制限解除は2GBごとに2625円が必要。また、既存サービス利用者向けに契約解除料の割引や月間通信量を2014年8月分まで10GBに緩和する「チェンジ4G 10,000」「チェンジ4G 5,000」も実施する。

ソフトバンクもほぼ同内容のサービス開始
3Gルーターから移行のキャンペーンも

 ソフトバンク+イー・モバイルのダブルLTEサービスについては、ソフトバンクモバイルからもサービス開始が告知されている。端末はGL09Pと同じスペックの「Pocket WiFi 203Z」で、やはり7月19日から予約受付を開始する

 新たに用意される「4Gデータし放題フラット+」は、本来の基本使用料は月5985円(+4Gデータ通信基本料が月525円)だが、キャンペーンにより月3880円となる。月7GBが上限で速度制限解除は2GBごとに2625円が必要なのも同様。

 また、同社の3G(ULTRA SPEED)対応ルーター向け料金プランに加入しているユーザーに対し、「4Gデータし放題フラット+機種変更キャンペーン」が2014年1月13日まで実施される。

 これは期間中にPocket WiFi 203Zを購入し、「4Gデータし放題フラット+」に加入するのが条件で、契約変更手数料3150円が無料になるほか、すでに持っているルーターの割賦代金相当の金額が新しい利用料金から割り引かれるというものだ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART