このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第22回

タスクリストにもなるiPhone用最強メモアプリを徹底解説

2013年07月17日 14時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さっと何かをメモする場合に、iPhoneを活用している人は多いだろう。標準の「メモ」アプリでもテキストの保存は可能だが、写真や音声を添付したり、クラウドにアップロードすることはできない。そこで、今回は高機能なメモアプリ「Notebooks」の使い方を徹底紹介する。

何か思いついたら、即メモを取ろう

有料だが使いやすく高機能な「Notebooks」

 テキストメモだけでなく、Safariのウェブページを取り込んだり、会議の議事録や写真も一緒に残しておきたいこともあるだろう。そこでオススメなのが「Notebooks - Write Notes, Manage Tasks and Store Files」だ。PCのファイルをインポートすることもでき、リッチテキストやPDF、Word/Excel/Powerpoint/Pages/Numbers/Keynoteなどのオフィス文書、HTMLファイル、Webアーカイブファイル、Palmのメモなども利用できる。データはフォルダー分けして管理でき、ソートや検索も自由自在。PCやDropboxなどのストレージサービスと同期することもでき、クラウドサービスのように活用することもできる。

 Evernoteでも同様のことができるが、1ヵ月間にアップロードできるデータの容量制限があるのがネック。NotebooksはDropboxと連携できるので、画像や動画も存分に利用可能だ。

Notebooks - Write Notes, Manage Tasks and Store Files App
価格500円 作者Alfons Schmid
バージョン5.2.2 ファイル容量9.1 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

さまざまなメモを作成する

 Notebooksでは、プレーンテキストとリッチテキストのメモのほか、写真や動画、音声、URLといったデータを保存できる。買い物メモから企画書の下書き、残しておきたいマルチメディアデータやウェブページなど、なんでも記録できるのが魅力だ。音声メモは、テキストを打ち込めない時に役立つ。例えば、引っ越し先の不動産を内見しているときに、周りを見回しながら気になるポイントをどんどん吹き込んだりできる。

アプリの起動画面。Notebooksについてのテキストファイルが2つ保存されている。メモを作成するには、画面右上の+をタップする作成する項目をタップする。Bookはフォルダと同じようにノートを分類するための機能だプレーンテキストでメモを作成しているところ。タブやハイフン、スラッシュ、括弧など、よく使う記号がボタンで用意されているのも便利だ。編集が終わったら「Done」をタップする
キーボードが閉じて、メニューが表示される矢印アイコンをタップすると、ファイルをコピーしたりメールで転送したりできる「i」アイコンをタップすると、設定画面が開く。フォントやラベルの色などを選択できる。「Read ONLY」をオンにすれば、読み込み専用ファイルになる
メモが作成できたリッチテキストファイルでは文書内で文字の大きさを変更したり、箇条書きが可能になる。画像の追加もできるので、写真にコメントを付けたいときに便利「Voice Memo」を作成すると、日時が付いたメモが作成される。準備ができたら画面下の「Ready」をタップして録音スタート
もう一度タップして終了。ボイスメモをタップする再生ボタンを押せば、録音内容を聞ける写真や動画もメモとして取り込める。すでに撮影済みのデータを登録するなら「Photo from Album」をタップする
「New from Pasteboard」を開くと、インポートするかブックマークするか尋ねられるブックマークするとURLという項目が作成される開くと、ウェブページが開く。リンク先も表示可能
ネットにつながっていないとページを表示できないインポートすると「HTML」ファイルが作成される。これは、ネットにつながっていなくても内容を表示できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART