このページの本文へ

iPadがMacBook Proに変身しちゃうキーボード

2013年07月11日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPadを小型のMacBook Proのような姿に変身させてくれる、合体型のBluetoothキーボード「Bluetooth Keyboard with powerbank inside」が登場。ノーブランド扱いの製品で、イオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店にて店頭販売中だ。モバイルバッテリー機能までついて価格は4980円とお買い得。

MacBook Proの弟分?に見えなくもない、iPad対応の合体型Bluetoothキーボードが登場。アイソレーションデザインのキー構造を採用、違和感はゼロだ

 iPadをノートPCのディスプレーライクに装着、まるでMacBook Proのようなスタイルで使用できるBluetoothキーボードが販売中だ。以前ご紹介した「Bluetooth Keyboard for iPad-Mini」のiPad版といえる製品で、アイソレーションデザインのキーボードやアルミフレームはiPadとの相性も抜群。一体化して持ち歩けるため、iPadでテキスト入力を多用する人には手放しにオススメだ。

 iPadはコの字型になったスリット状のヒンジに装着する仕組み。スウェード調の滑り止めが施されたスリットにはマグネットが仕込まれており、iPadが容易に外れないように工夫されている。

アルミフレームを採用するボディはiPadとの相性も良好。マグネットが仕込まれたスロット状のヒンジに装着する

 キーボードとはBluetoothで接続する仕様で、配列はiOSでの入力に便利なMac英語配列。アイソレーションデザインのパンタグラフスイッチを採用し、ストロークはやや深めで打ち心地はなかなか。キーボード上にはロック解除キーやホームボタンなど、便利なショートカットキーを多数備える。

 また、“with powerbank inside”の名の通り、ボディには4000mAhのモバイルバッテリーが内蔵されている。いざとなればiPadはもちろん、手元のスマートフォンなどを充電できるなど、多目的に使用できる。なお、対応デバイスはiPad 2以降のiPad。

深めで打ちやすいパンタグラフ式のキーボード。4000mAhのバッテリーを内蔵し、モバイルバッテリーのように側面のUSBポートからデバイスへ給電することもできる

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART