このページの本文へ

【週刊コマース】アマゾン、楽天、ヤフー関連の1週間(7/3~9)

2013年07月11日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4日(木)
・楽天とNPO法人が「選挙に行きたくなるマンガ」を共同開発

 楽天は、若者の投票率の向上を目的に活動する特定非営利活動法人ドットジェイピーと共同で「選挙に行きたくなるマンガ」を開発。楽天が運営するニュースサイト「Infoseekニュース」内の「参院選特集2013」に展開を開始した。

・Amazon Androidアプリストアの偽アプリ
 米シマンテックが現地時間3日にセキュリティブログで公開した内容によると、Amazon Androidアプリストアで「Password Wifi Hacker Plus」という名のミスリーディングアプリが見つかった。付近のワイファイネットワークのパスワードをクラックできるとうたっているが、実際には偽のダイアログボックスを表示する。

・「スマホ×アニメ×街」をテーマにO2Oキャンペーン
 サイバーエージェントと西武鉄道は、秩父の地域活性化を目的にしたO2Oキャンペーン「あの花 Smile Check-in」を8月1日から開始する。同キャンペーンは、秩父エリアを舞台にしたアニメ映画「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(8月31日全国ロードショー)の名シーンをスマホと共に巡るものとなる。

5日(金)
・食品宅配サービス「楽天マート」のスマホ注文ページをリリース予定

 楽天グループの楽天マートは、食品宅配サービス「楽天マート」の開業1周年記念で「プレミアムセール」を実施。また、5桁の「注文番号」を入力するだけで注文できるスマホ専用の注文ページを7月下旬にリリース予定とした。

8日(月)
・サイバーエージェント、マルチデバイス型広告の計測機能を提供

 サイバーエージェントは、広告効果測定システム「CAMP(CyberAgent Marketing Platform)」でマルチデバイス型広告を対象にした計測機能を提供開始。グーグルやヤフーがマルチデバイス横断の広告管理形態へとプラットフォームの仕様が変更になるのにあわせ、仕様変更し、機能を追加する。

9日(火)
・「App Store」5周年で人気アプリをプレゼント、米報道

 ヴァージ(THE VERGE)やシーネット(CNET)といった海外メディアが現地時間8日に報じた内容によると、アップルのiOS向けアプリストア「App Store」人気のアプリやゲームなどを無料提供している。日本語版の「App Store」にアクセスすると「5周年を記念して、5つのアプリケーションと5つのゲームをプレゼント」という説明文付きでダウンロードページへのリンクが貼られている。

カテゴリートップへ

ピックアップ