このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第21回

意外と知らない細かいセキュリティー設定も

容量無制限の写真機能、iPhone版「Facebook」アプリを徹底解説

2013年06月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は、iPhone版「Facebook」アプリの基本的な使い方を解説した。せっかく毎日使っているアプリなら、できることを把握して徹底的に使い倒したいところ。今回は、容量無制限の写真機能や高度なセキュリティー設定のキモなど、ちょっと突っ込んだ使い方をしよう。

「Facebook」アプリを使い倒して、楽しくコミュニケーションしよう

Facebookには写真や動画を無制限にアップロードできる

 FacebookはSNSであるものの、強力な写真・動画管理機能も備えている。記事にアップした写真はもちろん、アルバムとして写真をアップロードすることも可能だ。写真は1つのアルバムに1000枚まで保存でき、アルバムの数はいくらでも作れる。つまり、容量無制限と言うこと。動画も再生時間20分、1GBまでという制限はあるが、いくつでもアップロードできる。Facebookを使い続けるなら、すべてのマルチメディアデータを集約するといった使い方もあり。

 まずは、アルバムを作成し、写真をアップロードする方法をチェックしてみよう。

メイン画面の左上にあるアイコンをタップし、メニューを表示。下にスクロールして「写真」をタップする「アルバム」をタップ。写真には、PCから写真付きの記事をアップロードしたデータが保存されているアルバムの一覧が表示される。Facebookと連携するほかのアプリが勝手にアルバムを作成していることもある。右上の+をタップする
アルバム名と説明を入力し、「保存」をタップするアルバムが作成されるのでタップする右上の+をタップする
アップロードする写真を選択するメモを入力する。通常の投稿と同様、位置情報や一緒にいる人を追加できる。「アップロード」をタップすれば投稿されるアルバムに画像が保存されるとともにタイムラインにも投稿が表示される

 アルバムを日記のようなプライベート写真の保管庫として利用するなら、ほかの人に閲覧しないように設定しよう。iPhoneアプリでは無理なので、ブラウザーからアクセスし、「アルバムの編集」→「共有設定」のプルダウンメニューで「自分のみ」に設定する。

プライベートなアルバムにするなら、ブラウザからアルバムの公開範囲を指定する

写真を閲覧・共有する

 アルバムの写真はタップすれば全画面表示され、閲覧できる。端末に入りきらない古い写真も、Facebookにアップロードしておけば、話題に上った時にすぐ取り出せる。

 その写真を共有することも可能。自分のタイムラインに投稿するだけでなく、グループやFacebookページ、友達のタイムラインなどにも投稿できる。メールで送りたいなら、iPhoneのカメラロールに保存して、通常の方法で転送できる。

 また、写真をFacebookのプロフィール写真に設定することもできる。そんなに頻繁に変えるものでもないが、操作は覚えておくといいだろう。

アルバムから写真を開き、「...」をタップ。メニューが現れるので、「シェア」をタップするシェアの作成画面が開く。投稿場所を選択するには、「自分のタイムライン」をタップする
投稿先を選択する「保存する」を選ぶとカメラロールに写真が保存されるので、通常の方法でメールやメッセージで送信できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART