このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第8回

オシャレを自認するなら、これを飲んでオーガニックに気合いをいれろ

スターバックスのエナジードリンクは、味もオシャンティーなのか!?

2013年06月25日 17時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

気になるお味の方は
エナドリっぽくもなく、国産ジュースっぽくもなく

ベリーベリーハイビスカス

 まずはベリーベリーハイビスカスから。味、香りとともに、日本ではあまり類するものがない感じだ。ベタベタと甘いわけではないが、いわゆる「エナドリ」のようなケミカルという味わいではなく、海外モノの炭酸ジュース、というイメージの方が近い。そこが大丈夫なら、エナドリが苦手な人でも飲みやすいはずだ。人工甘味料などは使っていないようで、そこはスタバらしいというべきか。

クールライム

 続いてはクールライム。その名の通りライムの苦味が効いており、ちょっとしたカクテルのようにも感じる味だ。ほのかな甘味はぶどう果汁によるもの。こちらもエナドリっぽくなく飲みやすいが、ミントの香りも手伝って、編集部の間では「ちょっと薬っぽい」「少し苦手かも」という人もいた。

 共通して言えるのは、「エナドリっぽくはない」が、それと同時に「(国産の)ジュースっぽくもない」ということだ。味も香りも、輸入物を扱う雑貨店などで買えるような、海外製の飲料に雰囲気が似ている。

 そのため、エナドリにありがちな「ビタミンっぽい変な味」ではないが、あまり日本人が飲み慣れている味というわけでもない……といえるだろう。そのあたりは好き嫌いが別れるポイントかもしれないが、総じてさっぱりした飲みくちだと感じた。似たようなエナドリがないこともあり、一飲の価値はあるのではないだろうか。

以前はオフィスにある、ただの仕事道具だったMacBook Airですが……なんということでしょう、スターバックス リフレッシャーズを置いただけで仕事ができるノマドの愛機に見えてきたではありませんか

 成分を見ると、アラビカ種の焙煎前のグリーンコーヒー(生豆)から抽出したカフェインや、高麗人参エキス、ビタミンB6といったエナジー成分が含まれているとのこと。それらが何に効くのかを詳しく知りたい方は、エナドリの効き目を身体を張って検証したこちらの記事をどうぞ(関連記事)。

 容量は200mlで、価格は191円。今日25日から、全国のセブンイレブンで先行販売されている。「やる気はないが、仕事ができるオシャンティーなノマドになりたい」「意識は低いが、向上心のあるオフィスワーカーになりたい」と考えているジャンク部のような人なら、このスターバックス リフレッシャーズで気合を入れてみよう。

仕事疲れでくたびれた編集者に、スターバックス リフレッシャーズを投入してみようやる気に満ちあふれた、意識の高い系編集者に大変身。いかにも大きなプロジェクトを動かしている顔になった(ように見える)

 というわけで、今日のジャンク部はスターバックス リフレッシャーズでした。ごちそうさまでした。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

STAR WARS バトルフロント II実況

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社