このページの本文へ

タッチ操作の特許を巡って

スマホ特許訴訟、アップルがサムスンに勝訴

2013年06月21日 14時52分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米アップルが韓国サムスン電子に勝訴

 米アップルと韓国サムスン電子が争っている裁判で、東京地方裁判所はアップル勝訴の判決を言い渡した。

 スマートフォンなどのタッチ操作に関する特許に米アップルが損害賠償を求めた裁判。画面の終わりに到達した際に反対側に跳ね返るような動きの後に画面が止まる「バウンスバック」などの技術が争点になっており、東京地方裁判所はアップルの主張を認め「サムスンがアップルの特許権を侵害している」と判断した。

 今後は賠償金の額などについて審理が続けられるという。また本裁判とは別にサムスン側が無効を求める裁判を申し立てており、こちらの審理も続いている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ