このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ドッキングステーション「Flute ultra JUD500」で
ノートPCやタブレットがもっと便利に!

ノートPCの接続を強化するスタイリッシュな解決策

2013年07月01日 15時00分更新

文● 二瓶明 撮影●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Flute ultra JUD500」

必要な機能をすべて集約
端子フル装備の拡張ドック

 薄さや軽さが極限まで追求されている昨今のモバイルノートPCやウルトラブックPC。その携帯性の高さから、外出先で便利に活躍する。いや、やや大きめのA4サイズのノートPCだって、ちょっとした打ち合わせに持ち出すなら十分モバイル性能を発揮してくれるもの。

 そんなノートPCのモバイル性能をさらに向上させるのがこのドッキングステーション「Flute ultra JUD500」(以下JUD500)だ。

【iFデザイン賞受賞!】iFデザイン賞は、デザイン振興を目的とする国際的組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から取材しているデザイン賞。毎年、世界中の工業製品を対象に選定されている。JUD500は2013年度製品として受賞した

 JUD500は、「Flute(フルート)」という名を冠していることからもわかるが、その外観が最大の特徴だ。まさに楽器のフルートのようなスリムな円筒型で、控えめなオフシルバーの本体色。よくあるドッキングステーションの無骨な外観とは大きくかけ離れた、実にスタイリッシュなデザインだ。“デザイン界におけるオスカー賞”とも評されているiFデザイン賞も受賞しているほどだから、そのデザインの完成度の高さがわかるというもの。

 このJUD500に搭載されているポートは、USB3.0ポート×2基、USB2.0ポート、HDMIポート、VGAポート、Ethernetポート、マイクポートにスピーカーなどなど。ノートPCを接続するだけで、これらのポートを活用し、デスクトップPC並みの機能拡張を実現できるというわけだ。もちろん、ノートPCとJUD500を接続するのはわずか1本のUSBケーブルだ。

 そしてこのJUD500、単にノートPCに拡張ポートを追加するだけではない。「wormhole switch機能」が大きなポイントとなる。wormhole switchポートにもう1台のPCをUSBケーブルで接続すれば、JUD500に接続した1台のマウスとキーボードで2台のPCどちらの操作も可能となる。また接続した2台のPC間で、ドラッグ&ドロップ操作でファイルをコピーし合う操作も可能となる。しかも接続するPCは、Windows(Windows 8/7/XP)とMac(OS X 10.8/10.7/10.6)でもOK。ネットワークや外部ストレージを経由しなくても、異なるOS間でのファイル交換が実現できるのだ。

JUD500にはUSB 3.0ホスト以外にもさまざまなポートを搭載している

 また、JUD500には外部ディスプレイを接続してノートPCの画面を出力することもできるのだが、その表示が多彩。最高解像度は2048×1152ドットで、ノートPCの拡張画面として表示できるほか、ミラーモードで同じ画面を表示したり、回転させて表示したりといったことが可能。

 デスクでのパソコン操作に必要な接続ポートならほぼすべて搭載しているといっても過言ではないこのJUD500。モバイルノートPCの機動性と、デスクワークでの快適性の両方を享受できるツールとして活用できるだろう。

「Flute ultra JUD500」

「Flute ultra JUD500」
●発売元:加賀ハイテック
●参考価格:1万4800円

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART