このページの本文へ

Data Watch Technologies「RS-M4T」

着脱が簡単なThunderbolt接続のRAID対応外付けHDDケース

2013年06月19日 23時04分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高速インターフェース「Thunderbolt」に対応するData Watch Technologies製のRAID対応外付けHDDケース「RS-M4T」が販売中だ。

「Thunderbolt」に対応するData Watch Technologies製のRAID対応外付けHDDケース「RS-M4T」

 ボトム部に冷却ファンを装備したアルミ製筺体には、SATA3.0対応の3.5インチHDDまたは2.5インチSSDを4基まで搭載可能。特許取得済のHDDマウント用ハンドル「SmartGuider」を採用することで、写真のようにトップ部から容易に着脱できる。

特許取得済のHDDマウント用ハンドル「SmartGuider」。トップ部から容易に着脱を行うことができる

 RAID機能はJBOD、RAID 0、RAID 1、RAID 10をサポート。Thunderboltポートを2基備えることで、最大6台までのデイジーチェーンが可能。さらにシステムステータスや内蔵ファンのエラーなどが視認できるLEDインジケーターも用意されている。そのほかThunderboltケーブル(1m)、ACアダプター、HDD用SmartGuider×4、SSD用SmartGuider×1、スリップバック、クイックスタートガイドが付属。
 価格は7万4800円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

Thunderboltポートを2基備えることで、最大6台までのデイジーチェーンが可能だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中