このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

果物電池の最強は何だ!? 限界に挑戦 ― 第3回

レモン電池でスマホを充電できるか? それとも美味しく食べる?

2013年06月20日 16時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レモン電池でスマートフォンを充電するにはスタッフが
何個おいしく食べないとダメ? そんなに食えるか?

 電気を起こせるものを見ると、とりあえずスマートフォンを充電したくなる。もちろん読者のほとんどがそうだろう。そういうことにしておいてくれ!

 ただレモン電池1個では、電子オルゴールも鳴らせないほど非力だ。しかし非力なバッテリーはレモン電池だけじゃない! 太陽電池パネルもかなり弱々で、以前スマートフォンを急速充電できるソーラーチャージャーを自作したら、A3コピー用紙ほどの太陽電池パネルが必要になった。

仰角を変えられるスマートフォンのソーラーチャージャー。まったくモバイル性はない

 レモン電池で1Aを出力する急速充電するのは難しそうだが、500mA程度ならならなんとかなるかもしれない! そこで実際にレモン電池でスマートフォンを充電してみることにした。

レモン電池は電池と同じように直列つなぎと並列つなぎができる

 もし豆電球の明るさが暗かったり、モーターの回転が遅かったりしたら、乾電池を直列つなぎにすればいい。こうすれば1本1.5Vだった乾電池でも2本で3Vまで電圧が上がる。レモン電池の場合はどうだろう? ためしに2個を直列つなぎにして電圧を測ってみると、1個のときは0.98Vだったが、1個にしたらおよそ2倍の1.90Vになった。これならスマートフォンの充電をする5Vを出力するには、レモンを5個直列につなぐだけでいい。

レモン電池1個からは0.98V取れる
直列つなぎにすると2倍の1.90Vになった

 またスマートフォンを充電するためには、最低500mAの電流が必要になるが、これはレモン電池を並列に何個もつなげればいい。つまりレモン電池5個を直列につないだ「レモン電池アレイ」(もしくはディジーチェーン?)を、たくさん用意し並列につなげば電流を稼げるのだ。

レモン電池2個を直列につなぎ、2セット並列にすると電圧は1.8Vに
1セットだと電流は0.11mA
2セット並列にすると、電流はほぼ倍の0.19mAに

 がっ! ここにきて問題が発生した。技術的にはレモン電池でスマートフォンの充電が可能だが、予算がっ! 予算がないっ! メロンやらパイナップルやらスイカやら、あまつさえレモンサワーとかビールを買っちゃったもんで、担当から渡されたお金のうち2000円ぐらいしかないのだ。そこでありったけのお金で買ってきたのが、このレモン。八百屋さんで20個買ったら1個オマケしてくれて合計21個。それに銅版と亜鉛板、大量のコード付きクリップなども用意しなければならず、予算は完全にオーバーだ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社