このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第309回

40倍超ズームの“ネオ一眼”「FinePix HS50EXR」で猫撮り

2013年06月21日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
墓地にて。ちょっとだけ顔を出してこっちを警戒してる猫を望遠で(2013年6月 富士フイルム FinePix HS50EXR)
墓地にて。ちょっとだけ顔を出してこっちを警戒してる猫を望遠で(2013年6月 富士フイルム FinePix HS50EXR)

 かなり前から、一眼レフ風の大きめのしっかりしたボディーに超高倍率ズームレンズを搭載したデジカメがありまして、ミラーレス一眼の低価格化や小型化でちょっと影が薄くなったけれども、実はまだまだ健在で、いつの間にか40倍とか50倍なんていうムチャな超々高倍率ズームの世界に突入していたのであった。

 そんな本格派コンデジ(もはやコンパクトではないけど)をずっと作り続け、一時は「ネオ一眼」なんて名前もつけてた富士フイルムの「FinePix HS50EXR」。これがすごいのである。いろいろとすごいのである。

HS50EXRのレンズをめいっぱい延ばした(つまり1000mm相当の超望遠にした)状態。このゴツい感じがいい
レンズをめいっぱい延ばした(つまり1000mm相当の超望遠にした)状態の「FinePix HS50EXR」。このゴツい感じがいい

 まずレンズが42倍。24mm相当の広角から、1000mm相当の超望遠まで1台でまかなえる。月だって撮れる。しかも電動ではなくマニュアルズーム(ズームリングを回すとレンズがぐいっと伸びる)なのもいい。

 さらにバリアングル液晶を搭載しているのでローアングル猫撮影にも使えるし、連写も速いし、「像面位相差AF」という高速AFが可能な撮像素子を搭載してるのでAFも速いし。

 遠くて近寄れない猫は超望遠で(冒頭写真)、近くへ寄ってきた猫は広角でと1台で何でもできるのである。

 まあ、ミラーレス一眼よりデカいので持ち運ぶときはかさばるけど、逆にデジタル一眼に1000mm相当なんてレンズをつけたら金額的にも重さ、大きさ的にもえらいことになるわけで、デジタル一眼ほどの画質は不要だけど何でも撮れるカメラがほしいとなるといい選択肢だ。

 そんなカメラを抱えて、台東区谷中まで猫撮影散歩にいってきたのである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART