このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「iOS史上最大の変化」と同社が語る新iOS。「紙風」や「布風」は全廃

「iOS 7」スクリーンショット集、フラットデザインとは?

2013年06月11日 21時50分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「7」の文字を背にしたティム・クックCEO。

 iOS 7に採用された「フラットデザイン」。その意味するところは、名の通り陰影を極力取り払い(全くないわけではない)、「紙」「金属」などテクスチャー風の質感を廃した、平面的でシンプルなデザインだ。

 これまでのiOSはどちらかというと、「いかに本物らしさをディスプレー上で表現するか」に力を入れていた印象だった。いわゆる「リッチデザイン」を積極的に採用していたのである。iOS 6における「ミュージック」アプリなど、加速度センサーを利用してスピン加工部の輝きが実物同様にきらめく仕様にしていたほど。

 さて、フラットデザイン採用の新UIはどんな具合なのだろうか。スクリーンショットをいくつか用意したので、実際に見て欲しい。

 ネット界隈でよく言われていることだが、以前は光沢感のあるアイコンを持つアプリの方が「トレンド感」があった。iOSのプリインストールアプリがフラットアイコンになったことで、このあたりの認識もこれまで以上に大きく変わってきそうだ。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください