このページの本文へ

サイバーエージェントが小学生向けIT人材育成に着手

2013年06月11日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネット業界の技術者不足の解消を目的に、サイバーエージェントは、IT人材の早期育成に取り組み始めた。ライフイズテックとの合弁でCA Tech Kids(シーエーテックキッズ)を設立し、小学生向けプログラミング教育事業を実施する。

 事業の第1弾は8月に開催する「Tech Kids CAMP SUMMER 2013」。パソコンやスマホをほとんど触ったことがない子どもでも、同キャンプを通じてiPhoneアプリや2Dゲームの開発を目指すプログラミングキャンプとなる。会場は慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)。これに先立ち6・7月には、同キャンプの参加を検討している小学生に1日限定の無料プログラミング体験会「Tech Kids CAMP 1DAY 無料体験会(1日間)」も開催する。会場はサイバーエージェントの本社(東京都渋谷区)。

 ライフイズテックは、中学生や高校生を対象として、プログラミング体験の場を提供して「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指すプログラムを実施している。今回の事業はそのノウハウを生かしたもので、CA Tech Kidsでは、9月以降も小学生向けプログラミングキャンプを定期的に開催するなど、IT人材の育成に取り組んでいく予定。2015年には延べ5000名の受講を目標とし、将来的には優秀なプログラマーの育成・輩出を目指していく。

サイバーエージェント
「Tech Kids CAMP」の公式サイト

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ