このページの本文へ

デジタイザーに対応、筐体にはマグネシウム合金を採用

脱着式「dynabook V713」に256GB SSDのWeb限定モデル

2013年06月06日 13時00分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dynabook V713

 東芝は6月6日、デタッチャブルUltrabook「dynabook V713」のWeb限定モデルを発表した。「PV713W1JNNSW」と、Microsoft Office Home and Business 2013をプリインストールする「PV713W1JNMSW」、計2モデルを用意する。

 ディスプレー部がキーボードから取外せ、タブレットとしても利用できるUltrabookだ。筐体には高合成樹脂とマグネシウム合金を採用し、高い耐久性をそなえたとする。

 バックライト搭載キーボードの中央には、ポインティングデバイス「アキュポイント」を搭載。タッチパッドと組み合わせて使うことで、操作性のアップが期待できる。

CPUには第3世代Coreプロセッサー「Core i5-3339Y」を採用し、4GBのメモリーをそなえる。ストレージには256GBのSSDを搭載した。

 カラーはシルバーの1色展開。価格は、PV713W1JNNSWが16万3800円で、PV713W1JNMSWが17万9800円となっている。Web限定モデルの発売は、6月17日から順次という。

dynabook V713
「dynabook V713」Web限定モデルの主なスペック
型番 PV713W1JNNSW PV713W1JNMSW
CPU Core i5-3339Y(1.50GHz)
メモリー 4GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 11.6型(1920×1080ドット)
通信機能 IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
OS Windows 8 64bit
256GB SSDの「dynabook V713」は東芝ダイレクトで販売中!

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー