このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

座薬みたいな形の健康ガジェット

ワイヤレスのFitbit OneはJawbone UPより使いやすいのか

2013年06月01日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Jawbone UPに続いてFitbit Oneを試してみました

 「ライフログ」という言葉を聞き、平たく言うところの健康器具的デジタルガジェットが色々出てきて、ああはやっているんだろうなという雰囲気を、皆様もお感じになってらっしゃるでしょう。「あまり使いたくない」という前置き抜きにはもはや使えない言葉ですが、いわゆるトレンドというやつです。

 これまでに、その急先鋒たる歩数計+睡眠状態モニター「Jawbone UP」を試してみました。今回は、その最大のコンペティター「Fitbit One」を試してみたので、その印象をさらっとご紹介、という内容です。

 いずれも加速度センサーで運動状態を検知するというもの。昼間は歩数計、寝ている間は寝返りの状態から睡眠の深さを記録します。ただそれだけ。

 しかし、心拍センサーや体重計などと合わせ、これらのデータをクラウド上で、一元管理する方向ができあがりつつあります。その際、身に付ける加速度センサーから得られるデータというのは、ライフログの主幹であることに気付きます。睡眠も含めて、人が意識的に制御できない活動をデータ化できるからです。

 そのためのセンサーとして、UPはシンプルで確かに使いやすい。でも、データの同期は有線接続で、いちいちプラグのキャップを外し、iPhoneに差し込むというのが面倒なわけでした。そこはワイヤレスにならんのかと。

 ライフログは本人が気付かないまま、知らぬうちに取られていた程度のハードルの低さが理想(ゆえに恐ろしい)というのが私の主張ですが、そこがこう、UPはいま一歩なわけです。

 その点、Fitbit OneはBluetooth 4.0対応で、ワイヤレスでデータ同期すると言います。おお、これはいい。と、そこに注目したのですが、フィットネス用品として本気で使い込むつもりなら、こちらのほうがその気合に応えてくれるかもしれません。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART