このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第115回

iPhone/iPad/Macでファイル共有なら「SkyDrive」(2)

2013年05月31日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

Officeから直接クラウドへ

 Microsoftが提供する「SkyDrive」は、基本的にオンラインストレージとしての機能に着目したクラウドサービスであり、iCloudと比べると“ファイル/フォルダーの概念”がはっきりしている。ファイル/フォルダーの概念を隠ぺいする傾向にあるiOSはともかく、いまだOS Xはファイル/フォルダー単位でなければ情報を扱いにくく、その意味でSkyDriveのほうが好都合な場面はある。

SkyDriveへのアクセスに必要なMicrosoftアカウントは、キーチェーンに保存しておける

 なんといってもMicrosoft製品、特に「Microsoft Office for Mac」との連携はスムーズだ。OS XのExcelやWord、PowerPointで作成した文書は、メニューバーから「ファイル」→「共有」→「SkyDriveに保存...」を実行すれば、Finderやアプリを使わず直接SkyDriveに保存できる。OS X用SkyDriveアプリを常駐させ、OS Xのローカル領域(SkyDriveフォルダー)と同期するのもいいが、テザリング時の利用などトラフィックを最小限に抑えたいユーザーにとっては逐一保存するほうがありがたい。

このように、Excelの画面から直接SkyDriveの領域上へ書き込める

 SkyDriveへ転送された文書は、自分のMacで使うか、iPhone/iPadで使うか、知人と共有(コラボレーション)するかを自由に選択できる。ただし、ファイルブラウザーからアクセスするか、iOSアプリでアクセスするかで利用方法が若干異ってくるため、その部分について説明しておこう。

SkyDrive
価格無料 作者Microsoft
バージョン14.3 ファイル容量10.7MB
対応デバイス64bit CPU搭載Mac 対応OSOS X 10.7(Lion)以降
SkyDrive App
価格無料 作者Microsoft
バージョン3.0.1 ファイル容量5.0 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中