このページの本文へ

Cubitek「Mini-Cube」

HDDが多めに積めるアルミ製Mini-ITXケースがCubitekから

2013年05月30日 23時17分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cubitekから、アルミ製のMini-ITX対応PCケース「Mini-Cube」(型番:CB-MNI-B004)が発売となった。

アルミ製のMini-ITX対応PCケース「Mini-Cube」がCubitekから発売。国内での取り扱いはCVS

 サイズ200(W)×300(D)×320(H)mmの本体は、外観/内部ともに非常にスッキリとしたデザイン。HDD搭載スペースおよび配線スペースとして、マザーボードトレイ裏面のスペースを確保しているのが特徴で、3.5インチHDDであれば最大3台、2.5インチHDDであれば最大5台と豊富に搭載できる。

Mini-ITX対応でありながら内部は余裕。電源ユニットは奥行き150mmまで、CPUクーラーは高さ150mmまで、ビデオカードは長さ280mmまでサポートする
HDD搭載スペースおよび配線スペースとして、マザーボードトレイ裏面のスペースを確保している

 シャドウベイが背面になったため、内部スペースも余裕のある作り。電源ユニットは奥行き150mmまで、CPUクーラーは高さ150mmまで、ビデオカードは長さ280mmまでの製品が搭載可能だ。そのほか、リアに120mm×1、ボトムに90mm×1の冷却ファンを増設可能。フロントトップにはUSB 2.0×2/USB 3.0×2などを備える。
 価格は1万4800円。オリオスペックやツクモパソコン本店、テクノハウス東映、パソコンハウス東映で販売中だ。

背面および底面の様子。エアフローも良好のようだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中