このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第306回

地面ギリギリで狙う! 車の下で遊ぶ猫

2013年05月31日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
車の下に猫を発見したので、液晶モニターをチルトさせてそっと狙ってたら、いきなり大あくびしてくれました(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)
車の下に猫を発見したので、液晶モニターをチルトさせてそっと狙ってたら、いきなり大あくびしてくれました(2012年7月 オリンパス OM-D E-M5)

 猫好きというのはたいてい、街をふらふらと散歩してて、ふと猫を見つけるとうれしくなるのである。それだけで今日は運がいいとか、いいことがありそうとか思ったりするのである。たぶん。

 逆に、猫が確実にいると思われる通りを歩いているのに1匹も見かけないとなんだか残念な気分になる。猫がいそうな通りとか街ってなんとなくわかるじゃないですか。

 新興住宅地よりは古くからある街の方がいそうだし、幹線道路沿いにはまずいそうにないけど、1本奥にはいった旧道ならいそうだし。

 でも猫がわざわざそういう人の前に顔を出して「にゃあ」と教えてくれるわけがないのであって、特に昼間はだいたい隠れているのである。猫の隠れ場所なんていくらでもあるから。

 その1つが車の下。車の影。特に夏前後の暑い季節は、「車の影」が涼しくていいらしいのだ。日陰だし風はよく通りそうだし、なおかつ人間から死角になってるからね。

 車の端っこの方にいてくれると、ちょっと気をつけて歩いてるだけで気づくもの。

長毛のきれいなハチワレ猫を発見。その様子がわかるよう、あえて望遠で寄ったりせず、道路の湾曲した感じも入れつつ撮ってみた(2011年8月 パナソニック LUMIX DMC-G3)
長毛のきれいなハチワレ猫を発見。その様子がわかるよう、あえて望遠で寄ったりせず、道路の湾曲した感じも入れつつ撮ってみた(2011年8月 パナソニック LUMIX DMC-G3)

 これなんか夏の暑い日に田舎町をふらふらと散歩してて偶然見つけた猫。いい感じに、道路から見えるところにいてくれたのだ。「あ、みつかっちゃった」という顔がいい。

冬は太陽が低い位置にあるので車の下で上手に日差しを浴びられるのです。黒猫の方はもはや隠れてませんが。自動車を扱ってる店なのだけど、猫がいるのは店の人も知ってて出入りの際にひいちゃわないよう気をつけてるそうです(2010年12月 ソニー NEX-5)
冬は太陽が低い位置にあるので車の下で上手に日差しを浴びられるのです。黒猫の方はもはや隠れてませんが。自動車を扱ってる店なのだけど、猫がいるのは店の人も知ってて出入りの際にひいちゃわないよう気をつけてるそうです(2010年12月 ソニー NEX-5)

 こちらの猫は思い切り日差しを浴びてるけど、それは冬だったから。屋根があって日差しがあって人に見つかりにくいところって感じで、たぶんギリギリのとこで寝てたんだと思う。

 警戒心が強い猫はなるべく見つからない場所として車の下を使う。普段は動かしてないっぽいトラックの下で偶然見つけた。このときは、駐車場にほかの猫がいるのを見つけて、そっと近づいていったら、こっちのトラックの下にもいた、という感じ。

 猫を脅かさないよう、近づきすぎない距離でそっと撮ってみた。うまいこと隠れるもんである。

トラックの下に上手に隠れてた。現代の猫は車の下で落ち着くのだ(2012年5月 オリンパス OM-D E-M5)
トラックの下に上手に隠れてた。現代の猫は車の下で落ち着くのだ(2012年5月 オリンパス OM-D E-M5)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART