このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

痛車でラリー! メロンからプラムへ~新たなる挑戦!第3回

諏訪姫ランサー、デビュー戦を5位でフィニッシュ!

2013年05月30日 22時40分更新

文● 中村信博 ●撮影/Alfred Worgan、うえのふみお、光辻公明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ついに新プロジェクト初戦!
幸先のいいスタートを切りたい!

 いよいよ新生「PLUMレーシング」の戦いがはじまった。今年度に参戦を予定しているのは、全日本ラリー選手権全9戦のうち前半のグラベルイベント3戦、後半のターマックイベント3戦の、計6戦。前半の3戦については三菱ランサーエボリューションを投入し、ニューカマーの桑田幸典選手/澤田耕一選手組でのぞむ。その最初の参戦イベントが、5月3~4日に開催された全日本ラリー選手権Rd.2「久万高原ラリー2013」だ。

 桑田選手が駆る「PLUM・DUNLOP・SRSランサー」が出場するJN-4クラスは、LUCKインプレッサの勝田範彦選手を筆頭に、ADVANランサーの奴田原文雄選手、CUSCOインプレッサの柳澤宏至選手、そしてマルシェランサーの石田正史選手など、日本を代表するラリードライバーが集う国内最高峰のクラスだ。ここで優勝するのは桑田選手としても、そして現状のマシンの実力から言っても至難の業。なので、今年前半戦の目標はいずれかのイベントで3位表彰台以内への入賞だ!

 こうして始まった、PLUMレーシング&桑田選手の初めての挑戦。さっそく5月4日の1日目の模様から見てみよう。

久万高原に諏訪姫見参!

 朝7時。各チームともメカニックがマシンに張り付いて、スタート前の最後の整備に追われている。毎年のように雨に泣かされる久万高原だけど、この日は雲ひとつない青空。できれば2日間通して晴れが続いてくれたら、チームとしてもラクができるんだけど……。

早朝の久万高原町の天候は朝もやが薄くたなびく程度。夜には冷え込みそうだけど、少なくとも昼間の雨の心配はなさそうだ

 実はこの前日、PLUM・DUNLOP・SRSランサー(以下、諏訪姫ランサー)にトラブルが発生していた。レッキ(事前試走)を終えて帰ってきた諏訪姫ランサーのリヤデファレンシャル辺りから、はっきりとわかるほどの大きな異音がしていたのだ。そのまま松山市内の協力ショップに運び込んで分解してみると、なんとデファレンシャルのギヤが大きく破損していた! このままスタートしていたら、間違いなく途中でストップしていたことだろう。

前日、レッキから帰ってきた諏訪姫ランサーから異音が! 公式車検を受けて規則どおりにマシンが作られていることを確認すると、そのまま松山のショップに持ち込んで駆動系の交換を行なった

 幸いショップにはリヤデファレンシャルの予備があり、日付が変わる頃には丸ごと交換することができた。未然にトラブルの芽を摘んだ諏訪姫ランサーは、各部のチェックや洗浄も終わって準備万端。あとはスタートの瞬間を待つのみだ。

まだチームの新しい装備が揃ってないけど、とりあえず手元にある物でサービスブースを飾ってみた。とてつもなくカラフルだ(笑)
今年から新たにJN-3クラスに参戦を開始した、「Projectμ☆DUNLOP☆インギング86」
スーパーフォーミュラでおなじみのインギング「山口美羽」が全面に! クルーは曽根崇仁選手/桝谷知彦選手だ
CUSCOジュニアラリーチームのサトリアネオも新たなカラーリングを施され、今戦からCUSCOレーシングの一角として参戦スタートする。
こちらは明治慎太郎選手/松井和子選手がクルーを担当する
スタート前、各チームはマシンの最後のチェックを行なっている
ここを出ると、あとは約2時間後のサービスAまで手を下すことができない。できるかぎりの準備をして送り出してやるのだ
ラリーパークの一角に店開きした、PLUMラリー出張ショップ。これから各地のイベントにお店を出すので、お楽しみに!

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

東京ゲームショウ2018大特集!

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ