このページの本文へ

ENERMAX「ETS-T40-W」、「ETS-T40-BK」

Haswell対応のENERMAX製CPUクーラーが登場

2013年05月28日 23時18分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製CPU「Haswell」(LGA 1150)への対応もうたうENERMAX製のCPUクーラー「ETS-T40-W」と「ETS-T40-BK」が今週末から発売される。

インテル製CPU「Haswell」(LGA 1150)への対応もうたうENERMAX製のCPUクーラー「ETS-T40-W」と「ETS-T40-BK」。Haswell登場を見据えた今週末の発売が予定されている

 既存モデル「ETS-T40」シリーズのバリエーションモデルとなる同シリーズは、サイドフロー型CPUクーラーの新モデル。アルミ製放熱フィンと6mm径ヒートパイプ4本で構成されるヒートシンクは熱伝導性に優れる塗装コーティング技術TCC(Thermal Conductive Coating)を採用。無塗装状態に比べ、最大13%の冷却性能を発揮するという。
 ホワイトモデル「ETS-T40-W」は、「Cluster 120mmホワイトLEDファン」を搭載。ファンの付け根部分には回転数切り替えスイッチを備え、800~1500/1800/2200rpmの3段階で選択できる。風量は37.57~71.3/86.7/105.9CFM、騒音値は17.3~24.3/28.3/31.2dBAというスペックだ。

ホワイトモデル「ETS-T40-W」。「Cluster 120mmホワイトLEDファン」を搭載。ファンの付け根部分には回転数切り替えスイッチを備え、800~1500/1800/2200rpmの3段階で選択できる

 ブラックモデル「ETS-T40-BK」は、「T.B.APOLLISH 120mmブルーLEDファン」を搭載。回転数は800~1800rpmのPWM可変で、風量33.26~75.98CFM、騒音値16~26dBA。
 サイズは共通で139(W)×70(D)×160(H)mm、重量約610g。ヒートパイプはHDT(ヒートパイプダイレクトタッチ)式を採用。オプションで120mm口径ファンを装着すれば、デュアルファンモードでの運用も可能だ。
 サンプルを入荷したツクモパソコン本店によると、予価は5980円。Haswell登場を見据えた今週末の発売が予定されている。

ブラックモデル「ETS-T40-BK」。「T.B.APOLLISH 120mmブルーLEDファン」を搭載。回転数は800~1800rpmのPWM可変で、風量33.26~75.98CFM、騒音値16~26dBAというスペックだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中