このページの本文へ

アメーバに「ママ事業部」設立、育児と仕事の両立を支援

2013年05月23日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバーエージェントは22日、アメーバ(Ameba)のサービス内に「ママ事業部」を設立した。「Ameアメーバではこれまで、ママブロガーを会員組織化した「GGmom's」やママ向けのフリーマーケットイベント「マムズフリマ」など、子育て中の女性に向けた事業やサービスを展開してきた。「ママ事業部」ではその事業をさらに強化し、インターネットを活用した母親同士のコミュニケーションや生活をサポートする事業の展開、サービスの開発に取り組む。

 第1弾して今回、育児中の女性が自宅でも仕事を受けることができるクラウドソーシング事業を開始すると発表した。アメーバのサービス内で育児中の20代から30代の女性を対象に実施した「スマートフォン利用」に関する調査の結果では、「家事」にスマホを活用している割合が全体の82%にのぼった。
 スマホの普及が進んだことから、育児中の女性にとってインターネットがより身近になっている状況がうかがえるため、インターネット経由で仕事を受託できる仕組みやサービスを提供することで、仕事と育児の両立を支援していく。

01ameba
育児中の女性向け事業で、ママブロガーを会員組織化した「GGmom's」

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ