このページの本文へ

【週刊ソーシャル】フェイスブック、ツイッター、LINE関連の1週間(5/14~20)

2013年05月22日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

14日(火)
・ミクシィ、mixiポイントや現金へ交換可能なモラポイントを提供開始

 ミクシィとリアルワールドは、スマホ向けポイントサービス「モラッポ」の提供を開始した。「モラッポ」に会員登録することで貯まった「モラポイント」を、mixiポイントや現金、iTunesギフト、Amazonギフト券、WebMoneyなどの主要電子マネーなどに交換できる。

15日(水)
・NTTドコモとLINEが協業、LINEアプリにドコモ専用の音声通話ボタン配置など

 「LINE」アプリのユーザープロフィール画面に、ドコモ専用の音声通話ボタンを配置するほか、ドコモ2013年夏モデルのスマホでアプリ一覧画面の「おすすめ」タブに「LINE」アプリを掲載。今秋には初心者向け「らくらくスマートフォン」用「LINE」アプリを開発・提供予定。

17日(金)
・フェイスブックとツイッターがGoogle Glassアプリを公開

 米フェイスブックと米ツイッター、米エバーノートは現地時間16日、米グーグルが開発したメガネ型デバイス「Google Glass」向けのアプリを相次いで発表した。米ツイッターは公式ブログで「Twitter for Google Glass」を紹介するとともに、サイクリング中に装着したGoogle Glass上にツイートが表示される様子を画像で案内している。

20日(月)
・スマホからのアプリ利用1位はLINE、ニールセンのスマホ視聴率調査

 調査会社ニールセンはスマホ向けアプリの利用状況やサイトの訪問状況を数値化した「Mobile NetView」の提供を発表した。3月のスマホ視聴率によると、利用アプリの1位がLINE、2位がGoogle Play、3位がGoogle Mapsだった。

・米ヤフーがSNS企業タンブラーを買収
 米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(THE WALL STREET JOURNAL)が現地時間19日に電子版で報道。米ヤフーは、取締役会でタンブラー(Tumblr)を現金11億ドルで買収することを承認した。タンブラーはブログとSNSを融合させたサービスを提供する。

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ