このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

クラウド型求人サイトで、自分にあった仕事を見つけ、報酬を得る

つながるWindows 8の開発者コミュニティー

2013年05月23日 11時00分更新

文● タトラエディット、写真●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クラウドワークスが Windows 8 などのマイクロソフトのテクノロジーを活用したビジネスを促進すべく、日本マイクロソフトと提携して「バッヂをGETしよう」キャンペーンを行っている。

 クラウドワークスは昨年3月にスタートしたIT系サービスを作りたい企業と開発者をつなげるクラウドソーシングサービス。3万人規模のユーザーが参加し、依頼総額15億円以上、仕事を依頼する企業は7000社と急成長を遂げているサービスだ。

 iPhoneアプリやウェブのシステムを作りたいといったプログラミングの仕事、ロゴ制作やウェブサイトの作成といったデザインの仕事、ライターに向けた原稿執筆の仕事、事務作業などを想定したタスク系の仕事など大きく4種類を扱っている。

 「21世紀の新しいワークスタイルを提供するをミッションに掲げ、エンジニアやデザイナーに対して“今までと違う”というよりは、“新しい選択肢”を提供したいと思っている」と、クラウドワークス取締役CFOの佐々木翔平氏は語る。

 満員電車で通勤するのが当たり前の世の中を、クラウドワークスという選択肢を示して変え、場所や時間を気にせず、仕事を得て収入を確保するための選択肢を提供するというのがサービスの主眼だ。

需要が高まるWindows ストアアプリの開発
そのスキルを客観的に示したい

 実施中のバッヂをGETしようキャンペーンは、Windows ストアアプリを作りたいと思っている企業と開発者をクラウドワークスのマッチングサービスを使ってつなげるというものだ。面白いのは、開発者がどれくらいのスキルを持っているのか、持っている「バッヂ」でわかるという仕組みだ。

クラウドワークスのサイトで展開されている“バッヂをGETしよう”キャンペーン

 クラウドワークスには、もともとWindowsアプリの開発を手がけるフリーランスのエンジニアやデザイナーの登録が多かったそうだが、問題だったのは、発注者が求めるスキルと、開発者のスキルがかみ合うかどうかを自己申告でしか判断できないという点だったという。スキルを“見える化”して、より発注がしやすくする仕組みを作りたいという思いを形にしたのが「バッヂ」の制度だ。

 Windows ストアアプリを対象とした“アプリコース”とWindows Azureを対象とした“ウェブコース”の2種類があるが、ここではアプリコースに焦点を当てる。

 金・銀・銅の3種類のバッヂが用意されており、対象セミナーの参加で銅、ストアアプリの制作から申請、あるいは受注を受けた実績には銀、ストアアプリを5つ以上作って申請した実績には金といった具合に、開発者のスキルが分かりやすく提示できるのが特徴だ。

 そしてマイクロソフトとクラウドワークスに協力するのが、co-ba(渋谷にある会員制のコワーキングスペース)とツテコトだ。ツテコトの事業はco-baに集うデザイナーやクリエーターをまとめ、ひとつの案件を作り上げていくこと。

 ツテコト代表取締役の小原崇幹氏は「Windows 8は新しいテクノロジーであり、新しい市場。そのいろんな情報に一気に触れられたのは刺激的だ」とする。従来手がけてきたiPhone/Android向けアプリの制作とは異なる、大きなビジネスチャンスと未着手の領域がある分野だという。マイクロソフトとの関係を通して、企業対企業の仕事だけではなく、個人対企業の仕事の可能性を拡げられるという期待も示す。

日本食を紹介するWindows ストアアプリ「Ippin」。海外のユーザーを主なターゲットにしている

 ここではクラウドワークスを介して日本食を紹介するアプリ「Ippin」の受注を受けたCFlat取締役の大野浩誠氏、5つのWindows ストアアプリを申請し、金バッヂを取得したフリープログラマーの佐藤貴義氏(クラウドワークス内でのハンドル名はあんのたん)を取材した。

Windows ストアアプリ開発に興味がある人必見のイベント開催!

 クラウドワークスは6月9日に、Windows ストアアプリ開発におけるイベントを開催する。その名も「初めてのWindows ストアアプリ」だ。今回取材したCFlatの大野氏が、開発未経験からアプリを作るまでの一連の流れを、体験談を交えながら話すというもの。「開発に興味はあるけど、具体的なアイデアがない」「マイクロソフトの技術者に質問したい」など、関心・疑問があるならぜひ参加してみてほしい。

初めてのWindows ストアアプリ
テーマ 「未経験からでも始められる質の高いアプリケーションづくり」
日時 2013年6月9日(日)10:30~14:00(受付時間は10:00から)
場所 co-ba Library
参加費 無料(事前登録制)
定員 40名
参加条件 開発環境の整ったパソコンを持参できること
(開発環境の整ったパソコンをお持ちでない方はイべント申し込み時に合わせてご相談ください)
特典 参加者全員に、「JavaScriptで作るWindows ストアアプリ開発スタートガイド」をプレゼント!
読み進めていくうちに、Windows ストアアプリがどのようなものか、はっきりとわかるようになります。

詳しくはこちら

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Microsoft Pinpoint
検索

Microsoft Pinpointについて

開発者のための情報ポータル iSUS

ASCII.jp RSS2.0 配信中