このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpと読者で作る!ビジネスメールのデファクト・ルール!2013年度版 ― 第2回

メールが届かなかった原因は「添付ファイルの容量」が原因!?

いまどきメールに添付OKな「ファイルの容量」は何MBまで?

2013年05月27日 09時00分更新

文● 岡安 学

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メーラーがアラートする添付ファイル容量の許容範囲が、相手側の受信可能な容量と限らない……。

迷惑にならない添付ファイルの容量ってどれくらいまで?

 日々、進化するITツールと同じく変化しているビジネスEメールをめぐる所作。自分の常識が相手にとっては非常識になる可能性も秘めている……そんな可能性にモヤモヤしていることもあるのでは? おかげさまで第1回目は皆様から大きな反響がありました。

 もちろん頂いた意見は賛否両論だが、それこそASCII.jpが目指す「みんなで作るデファクト・ルール」そのもの。

 前回はZipファイルのメール添付について考えたが、第2回目のテーマは「添付ファイルの容量」の問題をズバッと解決するゾ!

 WordやExcelなどは、いくつものファイルを添付したところで、容量はたかが知れているが、PDFや画像データ、PowerPointなどは、添付する数やファイルの内容によってはかなりの容量となってしまう。

 今は回線も太くなったし、サーバーも強化されているから、その程度ではビクともしないのでは? と思われる方も多いのではなかろうか。ただ、すべての企業に当てはまらない以上は、やはりある程度の容量目安はつけるべきなのだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ