このページの本文へ

テキストさえあれば独学でサポーター認定を受けられる

情報セキュリティサポーターの検定がオンライン受験可能に

2013年05月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セキュリティ対策推進協議会(略称:SPREAD)は、サポーターの認定試験として実施してきた「SPREAD 情報セキュリティサポーター能力検定(愛称:さぽチャレ)」のオンライン受検申込を開始した。近くに試験会場がなかった地域の人でも、テキストさえあれば独学でサポーター認定を受けることが可能になるという。

「SPREAD 情報セキュリティサポーター能力検定」のオンライン受検申込サイト

 オンライン受検申込受付期間は2013年5月11日(土)~2013年6月15日(土)まで。また、検定受検期間は2013年7月16日(火)12:00(正午)~2013年7月23日(火)12:00(正午)になる。

 セキュリティ対策推進協議会は情報セキュリティサポーターの育成に取り組んでいる団体で、日本マイクロソフト、トレンドマイクロ、KDDI、ディアイティ、NTTデータ、NTTコミュニケーションズ、ラック、IPA(順不同)などが会員として名を連ねている。

カテゴリートップへ

ピックアップ