このページの本文へ

米アマゾン、サムスン傘下のディスプレイ技術企業を買収

2013年05月15日 16時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内外の各メディアが報道したところによると、韓国サムスン電子の傘下企業でカラー電子インク技術を開発するオランダのリクアビスタ(Liquavista)を米アマゾンが買収した。米アマゾンはこの買収を認めている。

 リクアビスタが開発しているカラー電子インク技術は、消費電力を抑えつつ陽光下でも見やすくカラー表示できるようにするもの。米アマゾンが展開する電子書籍端末「Kindle」シリーズに同技術が活用されるのではないかと考えられる。

AmazonLiquavista
リクアビスタ(Liquavista)のサイトトップページ

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ