このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第243回

7型タブ並のデカスマホ!? ASUS「fonepad」を衝動買い

2013年05月15日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
発売されたばかりのASUS fonepadを発売間もないbmobileのスマホ電話SIMで使ってみた
発売されたばかりのASUS「fonepad」を、発売間もないb-mobile「スマホ電話SIM」で使ってみた

 一度でも大きな画面のスマートフォンを使ってしまうと、なかなか小さな画面には戻れない。まして、昨今、筆者は音声通話をほとんど必要としない環境になってしまっている。

 今ではスマホの役割は、GoogleメールとLINEやFacebookメッセンジャー、後は快適なウェブブラウザー環境さえあれば日常問題の99%は解決なのだ。

 Eメールやスケジュールの運用・管理、写真撮影や閲覧、地図の検索も画面サイズが大きい方が圧倒的に有利なはずだ。そんな環境を満足させた上で、最低限の着信通話だけを実現するため、最近は、3G+Wi-FiのiPad miniとAndroidスマホのコンビネーションで持ち歩いていた。

 そんな矢先に、ASUSから音声通話もできる大きな液晶サイズのタブレット「fonepad」(ME371MG)が発売されたので、発売日に速攻購入した。

Nexus 7とほぼ同サイズのfonepad

パッケージに入っているものはこれだけ。本体+USA ACアダプター+USB充電ケーブル+取説そのほか
パッケージに入っているものはこれだけ。本体+USA ACアダプター+USB充電ケーブル+取説そのほか

 現在、メインの音声通話スマホはNTTドコモの「Xperia Z」を使いはじめたばかりなので、fonepadには発売されて間もないb-mobileのLTE版「スマホ電話SIM」を試しに装着して使ってみることにした。筆者の購入したスマホ電話SIMは、今後の使い回しも考えてLTEにも対応したmicroSIMにした。

ASUSコールセンターの電話番号などを書いたシールが本体に貼られていた。極めて粘着性の強い粗悪なノリで初期設定の前に無駄な時間を相当使ってしまった。早急な改善が求められる
ASUSコールセンターの電話番号などを書いたシールが本体に貼られていた。極めて粘着性の強い粗悪なノリで初期設定の前に無駄な時間を相当使ってしまった。早急な改善が求められる

 fonepad本体を箱から出して最初に面食らったのは、ASUSコールセンターの電話番号が書かれた小さなシールだった。fonepadの液晶画面の左下の隅に貼られていたシールだが、日本製品のようにキレイにはがれると思っていたのだが……そうではなかった。

 はがしたシールのノリが最悪で出鼻をくじかれ、無駄な時間を相当使ってしまった。日本でビジネスを展開する気なら、これはもう速攻で解決しないとイケない問題の筆頭だろう。

左からNexus 7、fonepad、iPad mini
左からNexus 7、fonepad、iPad mini
Nexus 7とfonepadはほぼ同じサイズ。iPad miniがfonepadより横幅が14mmほど大きいNexus 7とfonepadはほぼ同じサイズ。iPad miniがfonepadより横幅が14mmほど大きい

 fonepadの外形サイズは先行発売されたASUS「Nexus 7」とはほとんどミリ単位の差だ。筆者のNexus 7、fonepad、iPad miniの3台を並べてみると、iPad miniだけ十数ミリほど横幅が大きい。

インチ表現ではなく、面積としてほぼ最大の画面を持つ右側のSAMSUNG GALAXY Note(初代)も、fonepad(左)と比べたら可愛いサイズだ
インチ表現ではなく、面積としてほぼ最大の画面を持つ右側のSAMSUNG GALAXY Note(初代)も、fonepad(左)と比べたら可愛いサイズだ

 筆者の所有していたスマホで過去最大のサイズのものは5.3インチ液晶を搭載したGALAXY Noteの初代モデルだが、さすがに7インチのfonepadの横に並ぶと、まるで子供の様に見えてしまう。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART