このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

じゃあ、いつ撮るのか? 今でしょ! ニコニコ超会議2013 まとめレポート ― 最終回

「ニコニコ超会議2」ってどうだったのよ? 取材陣で語ってみた

2013年05月08日 14時00分更新

文● 広田稔(@kawauso3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大盛況で幕を閉じたニコニコ超会議2。来年は4月26、27日に同じ幕張メッセにて超会議3が開催されます

 4月27、28日、幕張メッセにてniconicoの祭典「ニコニコ超会議2」が開催された。2日間の来場者は、会場が10万3561人、ネットが509万4944人といずれも去年を上回り、大盛況で幕を閉じた。ASCII.jpでもフードコート痛車コンパニオン有名人ライブステージなどジャンル別に記事を投入してきた。

 では、それらを横断して超会議全体を見た場合に記者はどう感じたのだろうか。ニコ動初期から取材しているライター・広田と、ASCII.jpに所属する前からニコ動に慣れ親しんできた新人・コジマがざっくばらんに語ってみた。


目についたものを取材してるだけでも飽きなかった

広田 コジマさんは超会議初めてなんだっけ?

コジマ 初です。昨年は行ってもいないという。

ニコニコ大会議は、2008年に始まり2011年に終わった超会議の前進となるイベント。最初はユーザーを入れた新サービス発表会だったが、次第に歌い手や踊り手、演奏者によるライブがメインに変わっていった

広田 ニコ動は割と初期から見てるって聞いたけどね。そもそも「ニコニコ大会議」とかユーザー主催の同人イベントにいったことはあるの?

コジマ これが全然で、大会議すら行ってないんです。

広田 そうなんだw じゃあ大会議のニコニコ生放送とかは見た?

コジマ ネットではちょくちょく。タイムシフトとかもあるじゃないですか。だから、見たいところだけ見ればいいやーって。

広田 あー。なるほどね。

コジマ 結局、見てたのは自分が興味あるジャンルだけでしたね。知らない有名ユーザーを見ても「うーん」ってなるのがアレだった的な。

広田 まぁ普通そうだよね。好きなジャンルだけ見るのが割と普通の人だと思う。

コジマ 別に嫌とかじゃなくて、楽しみどころ分からなかったっていう。

広田 で、今回行ってみてどうだった?

コジマ いい意味で楽しかったというか、ブースひとつひとつが気合はいってるので、目に入ったものを「ん?」と思って見に行って、「おおー」って驚くみたいなのがちょくちょくあって飽きませんでしたね。

広田 印象的だったのは?

ワンナイト人狼

コジマ 記事を書いたこともありますけど、「超ゲームエリア」の中にあった「超アナログゲームエリア」ですね。

広田 おおお。また渋いところにw ポーカー、麻雀、ワンナイト人狼が遊べるブースだよね。ニコ動と関係あったのか気になるところだけど。

コジマ これがあるんですよ。ワンナイト人狼でブースの人に話をうかがったところ「人狼をニコ動で見た、興味があってブースに来てみた」って人が結構多いそうなんです。超会議で一緒に来た友人や知らない人とワンナイト人狼をやって「面白かった、またやりたい!」って。

広田 おおー。

コジマ 自分もそれなりに人狼をやってきてましたが、そのときは経験者の人が知り合いを誘ったりして人が増えていく感じなんですよね。人狼に限らず、何事もある程度グループが固まると、外側の人ってなかなか入りにくかったりするじゃないですか。超会議では今まで外から見てた人でも「じゃあ自分も」って行動できたようで、これはいいなーって感じました。

広田 今までの関係をひとっ飛びにしてリアルでつながるってのが結構面白い。ちなみにワンナイト人狼はニコ動運営のメガネ(奥井晶久)さんが考案って聞いたけどね。

コジマ おっ、そうなんですね。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART