このページの本文へ

8コアCPUのサムスン「GALAXY S 4」がアキバに!

2013年05月02日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サムスン電子が海外で発売を開始した新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S 4」がアキバ店頭にやってきた。販売しているのは、先週入荷告知を行なっていたイオシス アキバ中央通店やビートオン 秋葉原店などのイオシス各店と、Jan-gle秋葉原本店と同3号店のJan-gle各店だ。

8コアCPUを搭載するウルトラハイエンドなフラッグシップスマホ「GALAXY S 4」が店頭販売中だ。入荷したのは3G版のストレージ16GBモデルで、カラーはブラックとホワイトの2色

 先週素早い入荷告知で話題を集めた、サムスン電子の新型スマートフォンGALAXY S 4の店頭販売がいよいよスタートした。入荷したのはSIMロックフリーの海外モデルで、ストレージ容量16GBの3G版。カラーはブラックとホワイトの2色。在庫はどれも少量ながら、取材時にはどのモデルも購入できる状態だった。

 フルHD「Super AMOLED」ディスプレー(1080×1920ドット/441ppi)採用の5型(4.99型)スマートフォンで、トピックは1.6GHz動作のオクタ(8)コアCPUの搭載だ。目の動きを検知する機能も強化され、画面から目を離すと映像がストップする「Smart Pause」に対応。高感度タッチセンサーの採用により手袋のまま使えるほか、指を近づけると拡大プレビューする「AirView」など、便利で賢い機能の数々が実装されている。

従来通りのレイアウトながら、背面には強化された1300万画素のカメラを実装する。おなじみの物理ホームボタンも搭載。外装は従来から変化、高級感ある独特のコーティングが施されている
丸みを帯びたデザインから脱却、側面の金属フレームが際立つ平たい印象の形状が採用される。厚みは約8mmで、より薄く、軽くなった

 搭載OSはAndroid 4.2.2。メモリーはLPDDR3 2GBで、外部ストレージは最大64GBのmicroSDXCに対応する。カメラ機能も性能大幅アップを果たし、解像度はリア1300万画素、フロント200万画素を実装。リアカメラとフロントカメラの画像を合成できる「DUAL CAMERA」や、邪魔な背景を除去できる「ERASER」など多彩な便利機能を備える。通信機能は、Bluetooth 4.0+LE、NFC、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応の無線LANをサポートする。

インターフェースはイヤホンジャックとmicroUSBで、電源とボリュームボタンを左右に搭載する

 イオシスとJan-gleの各店にて、8万9800円で販売中。なお、イオシスの各店によれば、LTE対応版も来週以降に入荷予定としている。現在予約も受付中なので、気になる人は店頭まで問い合わせてみよう。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART