このページの本文へ

【週刊ソーシャル】フェイスブック、ツイッター、LINE関連の1週間 まとめ(4/23~4/29)

2013年05月01日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

23日(火)
・カカクコム調査、スマホ・タブでゲームを遊ぶユーザーが半数近くに

 カカクコムの意識調査「価格.comリサーチ」によると、「ゲームについてのアンケート!(第70回)」でゲームを遊ぶ端末として半数近くの計45.9%がスマホ・タブレットを利用していることがわかった(「スマホ」が30.2%、「タブレット端末」が15.7%)。スマホ・タブレットでゲームをする理由のトップは「暇つぶし」(79.3%)。

・グリー子会社、スマホ向け広告出稿効果測定ツール「AD-X」を提供開始
 グリーの子会社、グリーアドバタイジングは英AD-Xと業務提携。英AD-Xのスマホ向け広告出稿効果測定ツール「AD-X」を日本国内向けに提供開始した。

・グリー、ソーシャルゲーム事業の枠を超えてenishと業務提携
 グリーは、enishと2012年4月16日に、ソーシャルアプリの提供に関して業務提携契約を結んだが、今回、同契約を解消し、2013年4月23日に新たな業務提携契約を締結。国内外のソーシャルゲーム事業だけではなく、さまざまな事業における協業を目指す。

・サイバーエージェント、仮想通貨「Amebaプリペイドカード」をローソンで販売
 仮想通貨をプリペイド化した「Amebaプリペイドカード」を全国のローソンで販売開始した(一部店舗除く)。同カードで対応するのは、スマホ向けコミュニティ&ゲームSNS「Ameba」で利用可能な仮想通貨コインや、「アメーバピグ」などで利用可能な仮想通貨アメゴールド。

25日(木)
・ミクシィ、リアルワールドと業務提携、現金化できる新ポイントサイトを5月上旬運営予定

 5月上旬にリニューアルを予定している「mixiゲーム」(スマートフォンブラウザ版)と新ポイントサイトが連携。ユーザーは、無料の会員登録や「mixiゲーム」の利用などでポイントを貯めることが可能で、貯めたポイントはmixiポイントや現金などに交換できる。

・Twitterユーザーが観ている番組について「つぶやく」のは4割
 ネットエイジアとシタシオンジャパンが発表した「テレビとソーシャルメディアの関係性」に関する調査結果によると、Twitter利用者のうち、テレビを観ながらTwitterを見る(開く)人が69.5%、観ている番組に関するつぶやきや書き込みをTwitterでする人が43.4%だった。

26日(金)
・米フェイブックが米ベンチャー買収、モバイルを強化か

 米フェイスブックが現地時間25日にブログで発表。モバイルアプリ開発のバックエンドサービスを提供する米ベンチャー企業のParseを買収する。モバイルアプリケーション開発を強化する狙いがあるとみられている。

・「mixi同僚ネットワーク」「mixi動画」サービス終了
 利用者数が想定より少ないという理由から「mixi同僚ネットワーク」「mixi動画」サービス終了。終了日は、「mixi同僚ネットワーク」が5月23日、「mixi動画」が7月末(予定)。なお、6月(予定)からは投稿した動画データをダウンロードできる機能を提供する。

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ