このページの本文へ

SanDisk「SD6SB1M-064G-1022I」、「SD6SB1M-128G-1022I」、「SD6SB1M-256G-1022I」

Marvell製チップ+東芝製NAND? SanDiskの新型SSD「X110」

2013年04月26日 22時50分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SanDiskから2.5インチSSD「X110」シリーズが発売された。容量は64GB、128GB、256GBの3種類。

SanDiskから2.5インチSSD「X110」シリーズが登場。厚さは7mm

 搭載するコントローラーとNANDフラッシュはメーカー非公開となっているが、販売するパソコンハウス東映によると「Marvell製コントローラーと東芝製MLCを採用している」とのこと。
 最大転送速度は、シーケンシャルリードが505MB/sec、ライトが445MB/sec、ランダムリードが8万1000IOPS、ライトが4万4000IOPS。平均故障間隔(MTBF)は200万時間。 価格は以下の表の通りだ。

パソコンハウス東映のポップ
価格ショップ
「SD6SB1M-064G-1022I」(64GB)
¥6,980パソコンハウス東映
TSUKUMO eX.
「SD6SB1M-128G-1022I」(128GB)
¥9,980パソコンハウス東映
TSUKUMO eX.
「SD6SB1M-256G-1022I」(256GB)
¥17,980TSUKUMO eX.
¥18,480パソコンハウス東映

【関連サイト】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中