このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

行楽地でも困らない? なくした、壊した スマホトラブル解決法 ― 第1回

スマホ&iPhoneの故障に関する10の疑問

2013年04月30日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 現在連休の真っ最中! という人も、連休の間で今日は仕事にはげんでいる人もいると思うが、そんな事情に関係なくやってくるのがスマートフォンのトラブル。

 特に連休中にスマホが壊れたり、落として紛失したりすると慌ててしまうと思う。そこで、GW後半の4連休を前に、トラブル対策を3回の特集としてまとめてみた。第1回目となる今回はスマホの故障に関する疑問を解決したい。

Q1:スマホの調子がおかしい。故障した?

A:自己診断してみる。それでもダメならリセットを

各キャリアともサポートサイトにスマホのトラブル診断コンテンツを用意するほか、NTTドコモやauはスマホ診断アプリも無償で提供している
各キャリアともサポートサイトにスマホのトラブル診断コンテンツを用意するほか、NTTドコモやauはスマホ診断アプリも無償で提供している

 スマホの挙動がおかしい場合、まず各キャリアのサポートページにアクセスして自己診断してみよう。NTTドコモやauはスマホ用の診断アプリを提供しているので、通信できる状態ならそれを導入して試してみてもいい。auの診断アプリは修復まで試みてくれる。

 ただ、電源ボタンを押しても起動しない、という事態ならどうしようもない。この場合、一番疑うべきはバッテリー切れ。旅行などで移動した場合、普段よりもバッテリーの消耗が早くなったりすることもある。バッテリー切れなら30分以上の充電をした後、再度試すというのが基本。しかし、それでもダメなときは以下の方法を試してみよう。

 バッテリーが外せる機種なら一度取り外し、1分ほど間を置いて再び装着。再度起動を試みる。バッテリーの外せない機種なら、説明書にはリセット方法が記載されていることもあるが、電源ボタンの30秒以上の長押しや、特定のボタンと電源ボタンの同時押しなどでハードウェア的な再起動ができることもある。

 ちなみにバッテリーが外せないiPhoneは、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に10秒以上押すことで再起動が可能だ。ソフトウェア的に怪しい動作をする時に有効なケースもある。

Q2:通信が急に遅くなったけど故障?

A:機内モードをオン→オフしてみる

設定で機内モードを「オン」にしてみる 設定で機内モードを「オン」にしてみる

 スマートフォンの通信速度はインターネット側の通信速度にも依存するので、人気サイトへのアクセスが集中すれば表示に時間がかかったりすることもある。メールの送受信も、通信事業者側で何かトラブルがあれば、その前後はアクセスが集中して動作が遅くなる傾向にある。

 また、最近のLTE対応機種では、電波状況によりLTEから3Gに切り替わったままになり、遅く感じることもある。その場合はスマホの再起動や、機内モードのオン→オフなどでつかむ電波をリセットできることもあるので、試してみる価値がある。

 それでも改善しない場合は、周囲の同じキャリアのスマートフォンを使っている人に通信が遅くないか聞いてみよう。もし「遅い」という返事が返ってきたら、通信障害の可能性もありえる。なお、通信事業者の障害情報は下記のサイトで確認できる。

■障害情報サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART